スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の言葉で語る技術

自分の言葉で語る技術
自分の言葉で語る技術


【つまり?】

自分が体験したことか、よく考えたことを話す。

【ポイント】

①オフィシャルな場面では、少しぐらい感情をのせるほうがよい(P79)

 オフィシャルな場面では余り私的な言葉は挟まないもの。だからこそ、
 少し入った感情の表現が、その人らしい言葉になるということ。


②とにかく最初に意見を言う(P94)

 2番手になってしまったらそれは自分の言葉ではなくなるということ。


③議論の次元を変えることで、自分の言葉にする(P100)

 ありきたりな事でも視点を変えて示すことで自分なりの言葉になる。


④「たとえば」で具体化し、「要するに」で抽象化する(P174)

 意見を言うときに具体化と抽象化を行き来すればそれだけ自分の言葉らしくなる。

 同様に、意見を言うだけにせず、しっかり根拠も話すこと。

【感想】

58個のコツになりますが、それほど気負わずさらっと読める体裁。
一つ一つのコツ話に添えられたエピソードがそれぞれ印象的。


応援お願いします!ブログ村ランキング
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 成功の為の気付き
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 話し方 スピーチ 川上徹也 クロスメディア・パブリッシング

結果を出すリーダーはみな非情である

結果を出すリーダーはみな非情である
結果を出すリーダーはみな非情である

【つまり?】

 合理的に判断し、情理に流されるな。
 自ら仕事を前進させることに積極的であり、リスクを恐れたり、
 保身を考えて躊躇なんかするな。

【ポイント】

 ①早い段階からリーダーになったことを想定して準備すべし
  =大局観をもって仕事にとりくめ

 ②ストレスに自らをさらせ
  
  情理と合理のせめぎあいの最中に意識して身をおいていく
  (イメトレでもよい)

  ・リーダーはリアリズムと合理主義に徹すべし
   「私が見てきたダメなマネジャーはみな情に弱い」(P102)

 ③儲けの構造、仕組みはしっかり理解すべし

 ④リーダーとして責任を持って自ら仕事を動かすべし

 ⑤物事に積極的にコミットし、失敗しても負けっぷりよくあれ
 
  とにかくまめに上司に指示を仰いで、組織の意をくむタイプは
  40代以降で伸び悩むとのこと。
  多少勝手でも自ら判断して動き、責任を持つタイプ、リスクを
  取りにいくタイプのほうが大成するというのが著者の見解。


  負けっぷりがよいというのは、失敗が決まっても、逃げない、
  最後まで被害を最小限に止めようと力を注ぐことの意味。

【感想】

自らのストレスにさらす。積極的にコミットしていく。
逆に上司の指示を仰ぐようじゃダメ。

この辺が印象的でした。さっそく心がけたいと思います。

【実行すること】

「独断」をやってみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア 冨山和彦 ダイヤモンド社

どうやって自分を”動かすか”「動きたくて眠れなくなる」

動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)
動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)

【つまり?】

いかに行動する自分を作るか

【ポイント】

アメリカのカリスマトレーナー、アンソニー・ロビンズ直伝の教えを
元にした啓発本という感じでしょうか。

①自分にはどうしようもないことを意識すると「どうなるのか?」と不安になるが、
 できることに意識を向ければ「これをやればいい」という確信に変わる(P31)


 その意識を向けるために、③にあるように「質問」を変えるわけです。

②求めるものを明確な言葉にすることで、行動への推進力が高まる(P34)

 ~したいなぁといった曖昧なことをいくら考えても、行動にはつながらない。
 何をすればいいのかわからないからですね。

③自分になげかける心の内の質問を変え、行動までスムーズに繋げる(P53)
 ・自分がコントロールできるものに焦点が当たるような質問を
 ・その時一緒に感じたい感情も含めた質問を


 例えば「~なければならない」→「どうしたら自分はこれを楽しめるか」。

④言葉が感情をひっぱってくる(P147)。
 「疲れる」という出来事が問題なのではなく、「疲れた」という言葉でしか
 表現できないことが問題(P148)

 だから、いかに前向きに出来事を表現できるかが重要だと。


【感想】

上に書いたのは本当に一部分です。まだたくさん良いことが書いてある。

色々と自己啓発本を読んでるような人にとって、決して新しい概念が
示されているわけではないと思うのですが、説得力があります。

そしてとにかく「行動してみろ」がメッセージです。

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 成功の為の気付き
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 考え方 池田貴将 サンクチュアリ出版

相手に話にのってもらおう 「NLP会話力ノート」

NLP会話力ノート
NLP会話力ノート

【つまり?】

相手を見極めて話せ

【ポイント】

 カリスマは、「独自性」があることと「信頼感」があることから生まれる。
 加えて、相手を「良い気分にさせる」ことができればよい。
 良い気分にさせるには「ほめる」、「相手が持っている思い込みを外す」。


 思い込み=ビリーフを外すのがスライトオブマウス。
 思い込みには、「AはBである」、「AだからBである」というパターンがある。


 これを「AといってもA'もあるよね」「そもそもどうしてAだと思うの?」
 「Aなら絶対Bなの?」といった言葉で相手の思い込みを変えていく。
 相手は虚をつかれたようになり、次に思い込みを外された意外性によって
 良い気分になる。

その他、NLP関連の諸テクニックがわかりやすい言葉で紹介されています。

【感想】

カリスマは独自性と信頼感という言葉が新鮮。

個人的には、エキサイティング、突飛、自分勝手、情熱といった言葉を
カリスマには想像しますが、独自性と信頼感だけか。なるほどねと
何か納得したものがあったので。

その2要素を補強するテクニック的なことを紹介していくわけですが、
内容自体は他のNLP本に比べ凄く独自性があるというわけではありません。
ただ、読みやすいです。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : NLP 加藤聖龍 かんき出版

お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則

お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則
お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則

【つまり?】

 よく考えて、ちゃんと行動する。

【ポイント】

元ハゲタカ、投資家の著者が見つけた「投資家脳」を持つ人の特徴とは?

①投資家は、リスクが怖いのではなく、リスクがわからないことを恐れる。
 できるだけリスクを把握し、リスクを最小限に抑える方法を考える。 
 ディフェンスこそ命なのだ。

②他の人が行かない道を行く

③選択に迷ったら、よりワクワクする方を選ぶ。
 ワクワクがなければ、より困難な方を選ぶ


④まずはやってみるという姿勢が、道を開く。
 失敗しないでそこそこでやってきてしまうと、経験が詰めず、
 やがて伸び悩む


⑤有利な場所へと自分が動く

その他P167にあった、これぞまさに経済の話だという
「黒海沿岸の小さな村の話」(作者不明?)がありました。

⑥まず出口を決め、そこから逆算して、仮説を立てながら動く
 この出口の話は本書では一番最初に載っている法則になります。
 投資家の考え方としては基本中の基本とか。

 単純に言葉通りにとらえればよいのかどうか。

 株式投資で言えば、最初から目標値とロスカットを設定しておき、
 エントリーポイントを定める。上下の目標に達したら機械的に売る。
 みたいなことになるでしょうか。
 
【感想】

「つまり」で記載した他にも、よりお金に直結する法則も
記載されています。

それでも個人的には「リスクがわからないことを恐れる。
ディフェンス命」のくだりが最も印象的でした。

一方で「まずはやってみる」という法則もあるんですよね。
例えとして、常に上司に承諾を求めず自分の責任で自分で
動いてみるというような話も挙げられていました。

合わせると、恐れなくてよいリスクを恐れず、恐れるべきリスクは
しっかり回避するという感じでしょうか。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 世野いっせい 河出書房新社

ビジネスマンのためのメンタル・タフネス

ビジネスマンのためのメンタル・タフネス
ビジネスマンのためのメンタル・タフネス

【ポイント】

感情をコントロールしてポジティブな心理状態に持っていきましょう。
そのためには以下の方法があります。

  ・態度を変える(振る舞いが心を変える)
  ・本当の動機、情熱のありかを見つける
  ・ビジュアライゼーション(イメトレ)
  ・良い食事をし栄養をしっかりとる
  ・運動をする
  ・ユーモア精神を持つ
  ・集中した状態に入れる個人的な儀式を作る

今となって読んでも目新しさはないかもしれません。
著者の理論がその後の色々な類書の元になっているのでしょうから
已むをえません。

個人的には、次の2つの言葉を自分に投げかければいいんだと
思いました。

 「私はどうすればいいのか知っている」
 「この取り組みは価値あることだ」



なぜなら、「ストレスは、自分が受身であることから生じる」からです。
状況はコントロール可能と信じて、積極的に関与していく態度が、
タフな心を創りあげるのです。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : メンタルトレーニング ジム・レーヤー 阪急コミュニケーションズ

憂鬱でなければ、仕事じゃない

憂鬱でなければ、仕事じゃない
憂鬱でなければ、仕事じゃない

【つまり?】

 働け。苦しめ。本気でやれ

【ポイント】

幻冬舎社長見城徹氏の文章を受けて、サイバーエージェントの藤田晋氏が
文章を続ける。リレーエッセイのような本。

ここはシンプルに気になった箇所を引用することとします。

P96 切らして渡せなかった名刺は速達で送れ

   見城氏のポリシー。失礼だからと。この他にも、見城氏が編集者として
   ヒットを飛ばせたのも、人に礼を尽くすというか、真剣に付き合うというか
   そういう要素があったからかもしれないと思わせます。

P150 当たり障りのないことや、正論ばかり言う人は退屈です。
   面白い人は胡散臭さを醸し出している人や、一癖ありそうな人。

   (略)さまざまなリスクを背負って(略)

P164 キーマンを押えれば仕事は回る。キーマンに係りを持たずして
   会社を成功させた人はいない。

P169 風当りの強い方へと身をよじし、向かってゆく。
   戦いに勝つには、あいつはとんでもない奴だと言われなければならないのだから。


P187に書いてあったことを自分の言葉で言い直し。

   無謀に挑むことで、成功した時の印象が鮮烈になる

最後の2つはリスクをとっていくということ。単に日々をこなしている
だけでは仕事での成功はおぼつかない。普通にやってても勝てない。
撃沈覚悟で、思いきれというメッセージを読み取りました。
 
【感想】

藤田氏が会社を立ち上げる中で様々な苦境、苦しみがあったと書いて
いたのが印象的でした。やっぱり、起業して成功の陰には
人知れぬ苦労、苦しみ、努力があるんですよね。

そんなところを改めて考えてしまいました。

【実行すること】

当り障りのないことや正論ぽいことを言わないでみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア 見城徹 藤田晋 講談社

コミュニケーション・リーダーシップ―考える技術・伝える技術

コミュニケーション・リーダーシップ―考える技術・伝える技術
コミュニケーション・リーダーシップ―考える技術・伝える技術

【つまり?】

 他者へのコミュニケーション内容を作り上げるフレームワークです

【ポイント】

 1.その話をするそもそもの最終ゴールは何か?
 2.ゴールを達成するために誰に何を理解してもらい、
   どんな行動を起こしてもらいたいのか?
 3.それらを踏まえ、誰に何をどう伝えるか?


 これが大きな枠組みで、これに沿って伝える内容を決めていくという、
 コミュニケーション・アンブレラというフレームワークが示されます。

 1と2の場面では、伝えるべきことがある=何らかの課題があると
 いうことで、課題の分析が含まれます。

 本書の場合は、その分析にSWOT分析を用いてその例を示します。

 また、3の場面で、伝え方には4つの方向性があるとします。

  ①ドライブ…ある一つの論点に絞ってその論点を強化する
  ②差異化…他との違いを打ち出し、相手の認識を変える
  ③付加価値…複数の論点を組合せ、相手の認識を高める
  ④リポジション…複数の論点で相手の認識を変える

 伝える際の発し方というか論の組み立て方というところでしょうか。
 それぞれの定義は少し込み入っているので詳しくは本書を参考ください。

 個人的翻訳として、
  ①強化、②差異化、③付加価値、④リポジション
 というキーワードで抑えようと思いました
 (本書では強化にあたりそうなエンハンスは付加価値に相応するものとして使われている)

【感想】

 本書の内容はもっと細かくメッセージを作る、発信する上での
 提言がたくさんなされています。
 が、全体的に書かれている内容に目新しさは感じません。

 フレームワークの提示という点では成功しているように思います。
 さほど込み入ってなく大枠はシンプルなものだからです。

 けど、作り方自体はシンプルで、誰でも作れそうじゃんと思うからこそ、
 その前提となる、現状・課題分析や、どんな表現を使うかということが
 次に乗り越えなきゃいけない壁だよなということも実感させられます。

 この辺のうまさは個人のセンスの差もあるから難しいですよね。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

tag : プレゼン 佐藤玖美 日本経済新聞社

書評ブログリング
1.ビジネス本書評ランキング
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2.ビジネス本以外も

3.ランキング&成分解析 ブログランキングならblogram

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

simpletask

Author:simpletask
強み:
①本業であるマーケター歴
②色々な組織を経験し色々な壁を乗り越えてきた経験
③本を読みブログの記事にするまで1時間の多読派ブロガー
④スピーチ

検索フォーム
カテゴリ
リンク・相互リンク
tag

キャリア 生き方 働き方 プレゼン インプット リーダーシップ アウトプット 単行本 スピーチ 読書術 出世 ダイヤモンド社 話し方 講談社 勉強法 阪急コミュニケーションズ 星海社新書 仕事術 東洋経済新報社 すばる舎 朝日新書 読書 自信 独立 幻冬舎 アイデア 昇進 フレームワーク 起業 権力 中経出版 弁護士 クロスメディア・パブリッシング 上司 自己ブランディング フォレスト出版 マーケティング 教育 戦略 仕事 NLP 日本経済新聞出版社 メンタルトレーニング 日本実業出版社 大和書房 法律 考え方 不安 自己アピール 自己PR 資本主義 学校 人脈 河出書房新社 マッキンゼー 内田和俊 MBA 国語力 モチベーション セルフブランディング ブルーバックス 数字力 海と月社 転職 文章術 イノベーション 諸冨祥彦 宇都出雅巳 サンクチュアリ出版 チームマネジメント 競争 質問力 部下 自尊心 扶桑社 読書日記 ダン・ハース 考える力 問題解決力 松尾昭仁 マネジメント ちくま新書 夏川賀央 読む力 セールス スティーブ・ジョブズ アップル こう書房 日経BP社 判断力 営業 菊原智明 決断 日本経済新聞社 あさ出版 企画 荘司雅彦 経済 マインドマップ 速読 マガジンハウス ディスカヴァー 福田健 整理 チップ・ハース 面接 かんき出版 経営 思考法 就職活動 東大 交渉 判断 コンフィデンス 泉忠司 思考 理Ⅲ 西脇資哲 廣済堂出版 仮説 反対尋問 本音 二階堂忠春 堀公俊 加藤彰 会議 ディスカッション 山本昭生 まとめ 鈴木進介 松宮義仁 すっきり ファシリテーション オバマ 演説 シンプル 田中千尋 傾聴力 中公竹義 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター 克服 手描き 共感 高橋宣行 ノート ディシジョンメイキング 権威 リーダー ジェームズ・ハンター 決断力 藤沢晃治 意思決定 競争戦略 恐怖 菅野誠二 星野浩美 兼子良久 上田隆穂 読書法 コーチング 聴く 医学部 学習院マネジメント・スクール テキストマイニング リサーチ 調査 消費者心理 イン・デプス コンサルタント 田中裕輔 渡瀬謙 吉永賢一 ノート術 吉澤ゆか アスキーメディアワークス 1本線 秋元康 NHK 発想 フォトリーディング つもり 分りやすい 人間関係 気のせい 新書 橋下徹 再読 海老原嗣生 坂田篤史 石井裕之 催眠 統計 回帰分析 標準偏差 心理 横田尚哉 ファンクショナルアプローチ 問題解決 内藤誼人 正規分布 パワー 内山力 カリスマ コールドリーディング 内部利益率 現在価値 検定 在庫管理 コクヨ 下地寛也 本田由紀 平田オリザ 演技 職業選択 キャリア教育 丸山純考 朝日出版社 ウェルチ アイデアのちから コミュニケーション 演劇 外資金融 東大医学部 戯曲 早川書房 伝達 解決志向 日本文芸社 久瑠あさ美 明瞭 ブランド アーカー ビル・レーン BCG スタイル 内田和成 簡潔 情熱 want 言葉 メンタルトレーナー マインド 坂口孝則 詐欺 カルト 石井至 勉強会 英語 伊賀泰代 関谷英里子 國貞文隆 マリリー・G・アダムス 大根田勝美 兵藤ゆき ステファン・オーランダー パイ・インターナショナル 齊藤隆 講談社現代新書 幻冬舎新書 山崎元 加藤聖龍 世野いっせい 池田貴将 冨山和彦 川上徹也 ジム・レーヤー 藤田晋 水野俊哉 角川学芸出版 佐藤玖美 見城徹 アジャス・アーメッド 変化 松野恵介 実務教出版 コンサル 並木裕太 ディスカヴァー・トゥウェンティワン ダビッド・J・シュワルツ すばる舎リンケージ 祥伝社 NPO ボランティア 吉岡秀人 メンタルケア 自己評価 篠田恵里香 司法試験 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 矢野香 深谷圭助 心屋仁之助 学習 辞書 問う力 ライティング 倉島保美 プレジデント社 リンダ・グラットン 資格 横須賀てるひさ キャリア官僚 小倉広 NHK出版 アスコム 行動予測 ベキ法則 アルバート=ラズロ・バラバシ 仕事力 中野雅至 コリン・パウエル プロデューサー トニー・コルツ 井口耕二 飛鳥新社 お笑い 新潮新書 ソフトバンク新書 松島直也 桜井章一 加地倫三 前刀禎明 石黒謙吾 牧田幸裕 小塚かおる 奥山真司 地政学 国際政治 野地秩嘉 選挙 三谷宏幸 組織論 久保光俊 松尾喬 安宅和人 英治出版 下園壮太 アネット・シモンズ 経済学 飯田泰之 田島弓子 物語 山口揚平 宴会 パーティー 合コン 児玉教仁 福島浩史 坂口茂樹 リーディング 理解力 小宮一慶 大和出版 メンタル 把握力 読書力 久保憂希也 キム・キョンテ 野津卓也 関口勝生 室井俊男 明日香出版社 やる気 真田茂人 心理学 五百田達成 堀田秀吾 フォロワーシップ 河合薫 園義博 三笠書房 三冨圭 斉藤英治 小暮太一 金持ち父さん 巻き込み 播摩早苗 社内調整 根回し ユニクロ チームビルディング 承認力 図解 図で考える 永田豊志 中京出版 田中雅子 イースト・プレス 奥山典昭 スキル 井上健一郎 マルクス キヨサキ 抜擢 コスモトゥーワン 高橋洋一 セミナー 文章力 高橋フミアキ 林文子 非常識 洋書 山田玲司 読み方 三浦哲 竹内正浩 メラニー・フェネル 認知行動療法 ボトルネック 洞察力 石川和幸 ディスカバー21 ボディランゲージ 人を動かす 酒井穣 鳥原隆志 カタリバ 実務教育出版 瀧本哲史 インバスケット 人望 レイル・ラウンデス 名刺 後藤光正 Nanaブックス KKベストセラーズ デキる rules No ナナ・コーポレート・コミュニケーション 情報処理 木山泰嗣 ダン・S・ケネディ 成功 個性 クリス・ギレボー 傲慢 自我 ストレス メンタルタフネス サンマーク出版 残業 ワークライフバランス 主婦の友社 スティーブ・シーボルド 投資 打たれ強い 悩み 田中ちひろ 金持ち ロジカル・シンキング 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。