スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100人のビジネスコーチから君へ 仕事を見直す25の質問

仕事を見直す25の質問 (Sanctuary books)
仕事を見直す25の質問 (Sanctuary books)


【つまり?】

 自分がやりたいことをやっているか考えなさい

【ポイント】

 ①人とのコミュニケーションは3部構成。
  1.挨拶、2.雑談、3.本題。


  3本勝負みたいに見立てて、まずは挨拶で先制点を取る。
  というような話がされています。自分がここに興味を
  持ったのは、いきなり本題の前に、さりげない雑談に
  よる話しかけから入ることが、結構重要だと思うから。
  なんでも結論から言えばいいってもんではない。

 ②訪問先の当事者以外の人にも愛想良く

  例えば受付の人、掃除の人、そういった周囲の人に好かれ
  相手先のアウェー感をホームに変え、本来の自分を発揮
  できるようにしようという話。

 ③目的…何のためにやるか?
  目標…どうなれば成功か?
  範囲…どこまでやれば終了か?
  この3つを意識して企画や交渉、行動したりする
こと。

  これはシンプルだけど使えるフレームじゃないでしょうか。

 ④やりたいことに近づくために、まずその方面に動いてみる。

  自信がついてから動くのではなく、動いて自信を積み重ねる
  ということ。それから、やってみなければ何も変わらないということ。
  悩んでないで動け。自分のまとめはそんなところ。

【感想】

 「100」人て誰なんですか?まぁそれはよいとして。
 中谷彰宏、吉山勇樹、青木仁志、益子陽介、クリス岡崎、福島正伸の
 計6人からのメッセージで構成された本。

 類似本をたくさん読んでいたり、上に上げた方の著書を読んでいる
 人にとってたぶん目新しいことはさほどないのではと思われます。
 若い人にとってはいいのかもしれないなという感想。

【実行すること】

 ・挨拶を明るく笑顔にしてみる
 ・訪問先の受付の人と笑顔で雑談してみる
 ・目的、目標、範囲を念頭に動く


応援お願いします!ブログ村ランキング
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 仕事論
ジャンル : 就職・お仕事

tag : キャリア サンクチュアリ出版

えこひいきされる人になる

えこひいきされる人になる
えこひいきされる人になる


【つまり?】

 明るく、前向きに。人を助ける、褒める

【ポイント】

 ①悪口を言う人に魅力は感じない。悪口を言うのではなく、相手を
  ワクワクさせることを考える

 ②ライバルでさえいいところを見つけて褒める。敵を増やすのではなく
  味方をつくることを心がける

 ③人に愛想良く。店員にも明るく丁寧に接する=度量の大きさを示す

 ④仕事ができる人は、人との関係に時間を使うことを心がける
  (例、後輩をランチに誘うなど)
 
 ⑤少し大げさに褒める。照れずに褒める。くさくても褒める
  逆に他人の前でそこにいない人を褒めない。目の前の人は
  自分を否定されている気分になる。

 ⑥誰かと話していて電話がかかってきたら、
  「すみません。今大事な方と話しているので、のちほど
   折り返します」と言ってみる

【感想】

 ひと言でいえば、いい人+明るい人って感じですね。
 いい人だけじゃだめ。明朗でなくてはいけない。
 
【実行すること】

 ネガティブなことを言わず、相手のワクワク感を高めるように話す


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

tag : キャリア 出世 人望 リーダーシップ 菊原智明 扶桑社

人生を変えるアタマの引き出しの増やし方

人生を変えるアタマの引き出しの増やし方
人生を変えるアタマの引き出しの増やし方


【つまり?】

色んなことに興味を持ちましょう

【感想】

真面目に「つまり」で書いたことくらいしか言っていない。
インプットとアウトプットをセットでとよくある話で、
全く面白い方法論なし。今更な本。

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : インプット

自分個人の名刺を持ってやりたいことへの道を開く! - 「2つの名刺」を持ちましょう

「2つの名刺」を持ちましょう (Nanaブックス)
「2つの名刺」を持ちましょう (Nanaブックス)

【つまり?】

 「やりたいこと」より「やるべきこと」が多い。
 逆を目指そう。自分でハンドルを握り「やりたいこと」を優先できる人生へ。
 そのために自分名刺を活用しよう。


【ポイント】

 著者は名刺一つで人生が変わったとのこと。それは名刺作りを通じて
 以下の作業を行ったことで、新たな自分の発見、そして、出会いへと
 つながったからとのことです。

  ①自分の棚卸(気づく)
  ②自分の名刺づくりワークで自分を言語化(変わる)
  ③名刺を配る(出会う)
 
 本書の特徴は名刺づくりワークとして1週間の活動指針があることです。

  1日目 誰に渡したいのかを考える(50個挙げてから、頻出キーワードに絞る)
  2日目 自分が提供できる「サービスメニュー」を考える
  3日目 1日目(誰に)と2日目(何を)からキャッチコピーを作る
  4日目 自分を伝える3つのポイントを考える
      (キャッチコピーの分解でもよいかも)
  5日目 自分が伝えたいことを100文字で表現する
  6日目 プロフィールを考える(出身、育ち、趣味、特技など)
  7日目 各要素をレイアウトに落として名刺を作る

 別途「自分分解」という作業も紹介されています。
 これは「私は○○である」というものを100個くらい作って、
 その中からキーワードでまとめて自分を表現するものを作るという作業です。

 また、自分自身の「棚おろし」作業に使える質問集もあります。
 これらの質問を元に自分の過去、現在、未来を深堀りし、上記の作業などに
 繋げていくわけです。

【感想】

 やるべきことが多い人生ではなく、やりたいことができる人生へ。
 この言葉が印象的。

 あと、著者のしていることなんですが「名刺セラピー」と表現されています。
 名刺づくりのワークショップを自分発見みたいなもののようです。
 そんな名づけ方も密かに参考になります。

【実行すること】

 ・自分の棚卸作業をする
 ・自分名刺を作る


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 名刺 自己ブランディング 自己PR 自己アピール 独立 起業 後藤光正 Nanaブックス

人を引きつけ、人を動かす きらりと輝く人になるコミュニケーション・テクニック70

人を引きつけ、人を動かす きらりと輝く人になるコミュニケーション・テクニック70
人を引きつけ、人を動かす きらりと輝く人になるコミュニケーション・テクニック70


【つまり?】

 自信を持ってふるまうべし
 ただし相手を敬うべし

【ポイント】

 ①人への興味を示すには、少し眺めに視線を合わせること。
  男性同士の場合はやりすぎると誤解されることもあるので注意

 ②初対面での会話で必ず聞かれる「お仕事は?」の回答には、
  相手の立場に関係しそうなことや、ベネフィットに繋がりそうな
  +αを付け加えると、その後の話が弾みやすい


 ③人が最も興味を持つ単語。それは「You(あなた)」だ。
  「あなた」を盛り込んだ言い方を心がけよう

 ④電話口で好印象を与えるには、相手が名乗ったら、予想以上に
  感激や嬉しさを表現すること


 ⑤パーティで見知らぬ人に話しかけるには、
  「どうも、○○といいます。あなたとお話したいと思って」と
  話しかけ、その後に「主催者とはどういうお知り合いですか?」と
  続ける


 ⑥もらった相手の名刺に、相手と話したことをメモっておく。
  会話したことを記憶し後日あった時に相手の言ったことを繰り返すと
  相手に特別感を感じさせることができる
 
 ⑦話者などに対して真っ先に拍手をすること。
  周囲を気にせず率先して相手をねぎらうこと。
  それがリーダーシップを感じさせることに繋がる

【感想】

 ご覧の通り、自分をちょっと特別な人に思わせるためのテクニック集。
 
 凄いまとめてしまえば、自信を持って振る舞うということ、
 相手を尊重すること、相手の話を聴くこと、こういったことに
 なります。

 結構ページ数が多いので、自分にとって必要なところを見極め
 効率よく読みたい感じ。

【実行すること】

 ・相手が話し終わっても少し見つめてみる
 ・真っ先に拍手する
 ・パーティーでの話かけを実際にやってみる(近々チャンスあり)


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

tag : リーダーシップ 話し方 ボディランゲージ 人を動かす レイル・ラウンデス 阪急コミュニケーションズ

おっとりした人が最後に勝つ成功法則

おっとりした人が最後に勝つ成功法則―30代で年収3000万円を実現した300人に聞いてわかった!「ガツガツ」しないで (-)
おっとりした人が最後に勝つ成功法則―30代で年収3000万円を実現した300人に聞いてわかった!「ガツガツ」しないで (-)


【つまり?】

良い働き場にいて、
利益を生む経験を積み、
人脈を築くこと


【ポイント】

 基本的にはガツガツしている人が成功しやすいのだが、
 おっとりした人でも成功している人は、自分に合った成功ルールを
 知っているかいないかの違いであるとのこと。
 その集約が「つまり」に書いたことです。

 ①利益を生む体験を積んでいる

  結局他人や企業が人材を評価する際に見るのは、
  「こいつは利益を生む人間かどうか」。
  
  トップセールスマンだった、ベンチャーで成功したといった
  主にお金を生む実績を持っている人は抜擢されやすい。
  そういう体験を持っている人は有利。

  そして、そういう体験を詰むには、良いスタート位置に
  いることや、良い働き場にいることが重要とします。
  良いスタートにいるためのわかりやすいツールは「学歴」。

 ②良い働き場にいる

  場の条件は以下:
  ・急成長している
  ・顧客、社外の人と接する機会が多い
  ・会社の規模が小さい
  ・業歴が浅い
  ・社長のスタイルが自分に似ている

  なんとなく思いあたることです。大企業の歯車か、
  ベンチャーでリスクを取るかみたなところにも通じます。

 ③人脈 

  何をするにせよ人脈の力は必ず成功者について回る。
  「年賀状を出す相手が300人を超すと人脈で飯が食える」と
  著者の知人は言ったそうです。人脈が人脈を呼ぶ。

  おっとりした人の場合、良い人であることから人脈が広がりやすい
  利点があるといいます。

 そして、自分の成功のロールモデルを見つけて、その人をマネる、
 その人に近づくために適切な勉強、行動をすることが重要とします。
 自分に似ている成功者は必ずいるはず。そういう人をモデルにした
 方が成功しやすい。

【感想】

 会社内での強さという話がありました。
 強い順に、
  ①新しい客を連れてこれる人(営業)
  ②良い商品を作れる人(開発)
  ③事務(財務、経理、人事など)

 ③の人ほど先づまりになりやすいとあります。
  ①利益を生む仕事でないので重要度が低い
  ②その会社なりのルールや癖に染まりやすい
  ③トレーニングすれば誰でもできる仕事であることが多い
  ④内向き仕事なので社外に人脈が増えない

 ほんとその通り。社内力学が③に偏ったりすると
 組織の衰退の始まりですよね。

【実行すること】

 ・自分のロールモデルを見つけマネする
 ・利益を生む体験を増やす

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 仕事論
ジャンル : 就職・お仕事

tag : キャリア 働き方 出世 竹内正浩 東洋経済新報社

他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい

他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい
他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい

【つまり?】

 イライラしないで読むように工夫する。
 少しずつ読む、ななめ読みして浮かんできた重要・頻出単語だけ調べるetc.

【ポイント】

なぜ洋書かというと、日本のビジネス本の現状を見てもわかるように
 翻訳本って本国で話題になってから数年後に出版されます。それだけ
 タイムラグがある。洋書洋書のまま直接読めた方が最新のノウハウを
 学べる可能性がありますよという前提。

 □トップダウン法(P80)

  大枠を理解していると内容を掴みやすい。
  予備知識があるだけ内容を理解しやすい。
  本書ではマインドマップによって目次を書き写してみる方法が
  描かれています。そうやってなんとなくでも構造化して内容を
  俯瞰することで、理解が捗るとしています。

 □一日寝かせる(P104)

  単語を覚えようとしてもどうしても覚えられない単語も出てくる。
  そんな時にさらに必死に覚えようとせず、一日寝かせてみる。
  すると次の日すんなり憶えられたりする。
  必死で覚えようというようなイライラを積み重ねない、あえて、
  解放することで記憶を良くしようということ。

 □一章分を3回ななめ読みして気になる単語、頻出だけど意味が
  とりにくい単語を適度な数だけピックアップして意味を調べる
  (P125)

  なんか気になるなぁ、重要そうだなぁという単語の意味をしっかり
  把握することで内容の理解が進むということ。
  適度な数というのもポイント。「イライラしない」ためです。

【感想】

 パラグラフ・リーディング的な読書術を予想しましたが、
 そういったものはなし。その辺は他の本が必要。 

 それでも上に書いたようなポイントは参考になるところ大でした。
 読み方の新たな目安を学ぶことができたように思います。
 
【実行すること】

 洋書の斜め読みを実践。重要単語だけ調べる方法を実践

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 読書
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書 読書術 洋書 読み方 マインドマップ 三浦哲 中経出版

資本主義卒業試験

資本主義卒業試験 (星海社新書)
資本主義卒業試験 (星海社新書)


【つまり?】

 勝ち続けても終わりがない。勝っても奴隷のまま。
 ほどほどのところで「降りる」のも手。

【ポイント】

 資本主義が信じるもの。
 勝ち続ける。成長し続ける。自分だけはそうできると信じ続ける。

 捨ててはいけないもの。
  ①体(健康)
  ②自分を教え導くもの
  ③自分自身

【感想】

 特に新しい解決策が提示されているものではありません。
 「資本主義卒業」というタイトルに惹かれる人なら、
 この本で述べられていることはほとんど自家発電的に
 意識しているんじゃないかと感じます。

 それでも代弁してくれた感はそれなりにあって、
 そうだよねそうだよねとうなずける内容。

 ただね、問題はではどうするかですよ。自分はちょっと 
 「降りる」ことを考えてみたりしています。

 このままいっても、同じ風景しか見えないし、しかも、
 落ちるリスクは実は身近なところにも来ているかもしれない。

 上がっても区。落ちても区。こういう生き方を改めないと
 いけません。
 
【実行すること】

 「降りる」を少しの期間考えてみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 仕事論
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 生き方 キャリア 仕事 山田玲司 星海社新書

自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法

自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法
自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法

【つまり?】

 自分の思い込みに本当に根拠があるのかを確かめる

【ポイント】

 人が思い込みを刷り込むまでの過程:
 ①体験

 ②結論 
  「自分はこういう人間だ」

 ③生きるためのルール 
  「だから、○○しなければならない」

 ④引き金となる状況 
  ③が破られる状況によって不安が増大し②③が強化される

 自分を肯定するために問うべきこと:
 ①自分の思い込みにどんな確証があるのか?
  ・生きるためのルールはどのようにして生まれたのか? 
  ・ルールに従うことの利点は?害は?
  ・どんなルールだったらもっと現実的に役立つか?
  ・どうしたら新しいルールを日常的に実践できるか?

 ②不安は妥当なものなのか?
  ・不安を起こす状況について別の見方はできないのか?
  ・起こりうる最悪の事態と、その場合何ができるか?
  ・起こりうる最良の事態は?


 ③自分をしっかり評価する習慣を作る

 <認知行動療法とは? wikipediaより>
 誤った認識・陥りがちな思考パターンの癖を、客観的で
 よりよい方向へと修正する、避けたがっている問題と
 あえて向き合うことで徐々にトラウマに慣れさせる、
 悲しみを外に出し心を癒すことで気持ちの安定を得る、
 などの方法を組みあわせることで、精神的な苦痛と、
 それに伴う身体的な症状を改善していく治療法。
 鬱、PTSD、パニック障害、解離性障害、複雑性悲嘆、
 強迫神経症など、多種多様な精神的疾患で、その高い
 効果が報告されている。 

【感想】

 不安は根拠を正し、自信は根拠を求めない。
 これが生きやすい生き方なのでしょう。


【実行すること】

 自分が抱える不安を書き出し、その確かさを検証する


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ライフ
ジャンル : ライフ

tag : 生き方 認知行動療法 自信 不安 メラニー・フェネル 阪急コミュニケーションズ

書評ブログリング
1.ビジネス本書評ランキング
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2.ビジネス本以外も

3.ランキング&成分解析 ブログランキングならblogram

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

Author:simpletask
強み:
①本業であるマーケター歴
②色々な組織を経験し色々な壁を乗り越えてきた経験
③本を読みブログの記事にするまで1時間の多読派ブロガー
④スピーチ

検索フォーム
カテゴリ
リンク・相互リンク
tag

キャリア 生き方 働き方 プレゼン インプット リーダーシップ アウトプット 単行本 スピーチ 読書術 出世 ダイヤモンド社 話し方 講談社 勉強法 阪急コミュニケーションズ 星海社新書 仕事術 東洋経済新報社 すばる舎 朝日新書 読書 自信 独立 幻冬舎 アイデア 昇進 フレームワーク 起業 権力 中経出版 弁護士 クロスメディア・パブリッシング 上司 自己ブランディング フォレスト出版 マーケティング 教育 戦略 仕事 NLP 日本経済新聞出版社 メンタルトレーニング 日本実業出版社 大和書房 法律 考え方 不安 自己アピール 自己PR 資本主義 学校 人脈 河出書房新社 マッキンゼー 内田和俊 MBA 国語力 モチベーション セルフブランディング ブルーバックス 数字力 海と月社 転職 文章術 イノベーション 諸冨祥彦 宇都出雅巳 サンクチュアリ出版 チームマネジメント 競争 質問力 部下 自尊心 扶桑社 読書日記 ダン・ハース 考える力 問題解決力 松尾昭仁 マネジメント ちくま新書 夏川賀央 読む力 セールス スティーブ・ジョブズ アップル こう書房 日経BP社 判断力 営業 菊原智明 決断 日本経済新聞社 あさ出版 企画 荘司雅彦 経済 マインドマップ 速読 マガジンハウス ディスカヴァー 福田健 整理 チップ・ハース 面接 かんき出版 経営 思考法 就職活動 東大 交渉 判断 コンフィデンス 泉忠司 思考 理Ⅲ 西脇資哲 廣済堂出版 仮説 反対尋問 本音 二階堂忠春 堀公俊 加藤彰 会議 ディスカッション 山本昭生 まとめ 鈴木進介 松宮義仁 すっきり ファシリテーション オバマ 演説 シンプル 田中千尋 傾聴力 中公竹義 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター 克服 手描き 共感 高橋宣行 ノート ディシジョンメイキング 権威 リーダー ジェームズ・ハンター 決断力 藤沢晃治 意思決定 競争戦略 恐怖 菅野誠二 星野浩美 兼子良久 上田隆穂 読書法 コーチング 聴く 医学部 学習院マネジメント・スクール テキストマイニング リサーチ 調査 消費者心理 イン・デプス コンサルタント 田中裕輔 渡瀬謙 吉永賢一 ノート術 吉澤ゆか アスキーメディアワークス 1本線 秋元康 NHK 発想 フォトリーディング つもり 分りやすい 人間関係 気のせい 新書 橋下徹 再読 海老原嗣生 坂田篤史 石井裕之 催眠 統計 回帰分析 標準偏差 心理 横田尚哉 ファンクショナルアプローチ 問題解決 内藤誼人 正規分布 パワー 内山力 カリスマ コールドリーディング 内部利益率 現在価値 検定 在庫管理 コクヨ 下地寛也 本田由紀 平田オリザ 演技 職業選択 キャリア教育 丸山純考 朝日出版社 ウェルチ アイデアのちから コミュニケーション 演劇 外資金融 東大医学部 戯曲 早川書房 伝達 解決志向 日本文芸社 久瑠あさ美 明瞭 ブランド アーカー ビル・レーン BCG スタイル 内田和成 簡潔 情熱 want 言葉 メンタルトレーナー マインド 坂口孝則 詐欺 カルト 石井至 勉強会 英語 伊賀泰代 関谷英里子 國貞文隆 マリリー・G・アダムス 大根田勝美 兵藤ゆき ステファン・オーランダー パイ・インターナショナル 齊藤隆 講談社現代新書 幻冬舎新書 山崎元 加藤聖龍 世野いっせい 池田貴将 冨山和彦 川上徹也 ジム・レーヤー 藤田晋 水野俊哉 角川学芸出版 佐藤玖美 見城徹 アジャス・アーメッド 変化 松野恵介 実務教出版 コンサル 並木裕太 ディスカヴァー・トゥウェンティワン ダビッド・J・シュワルツ すばる舎リンケージ 祥伝社 NPO ボランティア 吉岡秀人 メンタルケア 自己評価 篠田恵里香 司法試験 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 矢野香 深谷圭助 心屋仁之助 学習 辞書 問う力 ライティング 倉島保美 プレジデント社 リンダ・グラットン 資格 横須賀てるひさ キャリア官僚 小倉広 NHK出版 アスコム 行動予測 ベキ法則 アルバート=ラズロ・バラバシ 仕事力 中野雅至 コリン・パウエル プロデューサー トニー・コルツ 井口耕二 飛鳥新社 お笑い 新潮新書 ソフトバンク新書 松島直也 桜井章一 加地倫三 前刀禎明 石黒謙吾 牧田幸裕 小塚かおる 奥山真司 地政学 国際政治 野地秩嘉 選挙 三谷宏幸 組織論 久保光俊 松尾喬 安宅和人 英治出版 下園壮太 アネット・シモンズ 経済学 飯田泰之 田島弓子 物語 山口揚平 宴会 パーティー 合コン 児玉教仁 福島浩史 坂口茂樹 リーディング 理解力 小宮一慶 大和出版 メンタル 把握力 読書力 久保憂希也 キム・キョンテ 野津卓也 関口勝生 室井俊男 明日香出版社 やる気 真田茂人 心理学 五百田達成 堀田秀吾 フォロワーシップ 河合薫 園義博 三笠書房 三冨圭 斉藤英治 小暮太一 金持ち父さん 巻き込み 播摩早苗 社内調整 根回し ユニクロ チームビルディング 承認力 図解 図で考える 永田豊志 中京出版 田中雅子 イースト・プレス 奥山典昭 スキル 井上健一郎 マルクス キヨサキ 抜擢 コスモトゥーワン 高橋洋一 セミナー 文章力 高橋フミアキ 林文子 非常識 洋書 山田玲司 読み方 三浦哲 竹内正浩 メラニー・フェネル 認知行動療法 ボトルネック 洞察力 石川和幸 ディスカバー21 ボディランゲージ 人を動かす 酒井穣 鳥原隆志 カタリバ 実務教育出版 瀧本哲史 インバスケット 人望 レイル・ラウンデス 名刺 後藤光正 Nanaブックス KKベストセラーズ デキる rules No ナナ・コーポレート・コミュニケーション 情報処理 木山泰嗣 ダン・S・ケネディ 成功 個性 クリス・ギレボー 傲慢 自我 ストレス メンタルタフネス サンマーク出版 残業 ワークライフバランス 主婦の友社 スティーブ・シーボルド 投資 打たれ強い 悩み 田中ちひろ 金持ち ロジカル・シンキング 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。