スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1分間スピーチの勘所。スピーチがうまくなりたい人へ

ラクラク話せる「1分間」朝礼スピーチ (East Press Business)
ラクラク話せる「1分間」朝礼スピーチ (East Press Business)

ポイント
 数ある中から今の自分に必要そうなものを4つほど:
 ①テーマを1フレーズで表現する
  一番の主張、オチを1行で表現する。表現できるってことはそれだけ
  言いたいことが明確になっているということですし、冒頭での予告や
  クロージングの念押しなどに使えます。
  明確に言える状態にしておかないと、伝えたいものが伝わりません。

 ②心を掴むスピーチの大原則3つ
  ・人は飽きやすい。淡々としてしまう箇所をなるべく作らず、
   何らかの刺激を与えることを意識する
  ・周囲の環境に意識が妨げられやすいので、会場を下見し、
   集中力を損うようなものを予めどかす、隠す、動かすなどしておく
  ・親近感を出す。笑顔やつかみの話で

 ③登場する時もしゃきしゃき行動し、自信と笑顔を感じさせる
  話しを始める立ち位置は予め決めておく。
  立ち止まって話し始める前に、十分な間をとる。

 ④最初のつかみと最後のまとめは特に大切にする

学んだこと
 ・喜劇王チャップリンは1分間スピーチの練習として以下をした。
  キーワードを書いた紙を適当にひいて、出てきたワードに
  ちなんだ即興スピーチをする。

 ・名言などオチに使えそうなものをネタ帳に貯める。使えそうな
  話しの大筋なども合わせてメモっておく

 ・話すことに慣れてきたなと思ったときこそ、相手の興味、共感を
  得られているかに注意する
  (聞きなれない言葉や、思い違いをしてしまいそうな言葉を使わないなど)

感想
 ところどころに場面別、対象者別のスピーチ例が
 例として挿入されています。こうした実例をひたすら読むっていうのも
 結構重要だなと気づきました。より話すイメージが固まってくるからです。
 実例をたくさん読むことで、こうした本ではさんざ言われる「型」にはめた
 スピーチも実感することができます。

実行すること

 ・スピーチの要を1行で表現することを意識して行う
 ・スピーチ集のような本、できればシーン別の本を探して読む

応援お願いします!ブログ村ランキング
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 話し方 スピーチ プレゼン 福田健 イースト・プレス

リーダーとして「承認」できてますか?

リーダーはじめてものがたり
リーダーはじめてものがたり

【ポイント】
リーダーに必要なこと:
 ①承認力 = あなたの存在を受け入れているよ

  ・メンバーを観察し、その心の声に耳を傾け、自分が気付いた
   感じたあるがままを伝えればいい

  ・本当の自分の気持ちとリンクしている、評価や操作ではない
   気持ちを伝える。その承認に評価がなければメンバーも素直に
   受けと入れられる


 ②自分の損得のためにメンバを動かすのではなく、メンバーのために
  自分がいると考える

【学んだこと】
 ・成果が出るまでには個人差がある。だから、プロセスを承認する
 
 ・叱り方でリーダーの真価が問われる。メンバーの心と向き合う苦痛を
  避けてはいけない。やって欲しいことは明確に要望すること

 ・ミスしたメンバーには、ミスした状況・原因に向き合わせる
  手助けをすること。気づいた点について、本人に対策を立てさせること

 ・失敗したメンバーには早めに挽回のチャンスを与えるのが、
  叱ったリーダーの役割

 ・むやみな励ましは委縮の元。それより恐れている思い込みそのものを
  変えてやると人は開き直れる。

【感想】
 ストーリー形式でリーダーの成長を描いた本書。
 「承認」とは何かということを考えさせられ、気付かされました。
  
 同じ感じで「サーバント・リーダー」もお勧め 

【実行すること】
 「承認」する

応援お願いします!ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 承認力 リーダーシップ チームビルディング モチベーション 播摩早苗 幻冬舎

ユニクロ流社内調整力のまとめ

日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術
日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術

【ポイント】
 社内で関係者を巻き込む際のポイントを自分なりにまとめました。
 ①自分のプロジェクトの叩き台についての意見・アドバイスをもらう
  
  意見をすることでなんとなく責任が生じます。そのため参加する
  雰囲気に相手自らなっていきます。


 ②期限とコミットメントを得る。担当者を任命してもらう

  ①でアドバイスをもらいそのように修正した後、改めて意見を
  請う時に、ある程度明確なコミットメントを得るイメージ。

 ③念押し、リマインドを欠かさない

  ②の後すぐメールで議事録を送ったり、後日直接顔を出して
  状況を聴いたり、期限間近にはリマインドを送り念押しをしていく。

 ④社内の人間のデーターベースを作る

  交渉相手、および、自チームのメンバーなど社内の人間の仕事の
  スタイルや趣味、強み、弱み、社内人脈などの情報を集め頭に入れておきます。
  それらを根回し時の戦略立てに活用します。

   ・打ち合わせの場に誰を連れていけば話が通りやすくなるか
   ・誰に話をしておけば、その相手に通じるか
   ・打ち合わせ冒頭に趣味話を振り、親密度を上げてから話を始める

  こうしたデータベースを作るには色々な場で社内に関わっていかねばなりません。
  また、相手も自分に対してデータベースを作っていきますから、どういう
  データで登録されているのか、注意を払うことも必要です。
  
【学んだこと】

 ■マネジャーとしてのコミュニケーションのポイント
   著者自信のマネジャー経験から得た反省も含め得た知見とのこと。

   ①フットワーク軽く。自分から足を運ぶ
     ・口より先に体を動かす→口ばかりじゃない
     ・用があれば、自分が部下のところへ足を運ぶ

   ②経営陣の言葉を自分なりの言葉で言い換えメンバーに
    伝え、動かす。

    これは、経営の言葉をそのまま伝えつつ(事実として)、
    自分のチームにとってどう落とし込むかを自分の言葉で
    解釈を伝えるという感じでよいと思います。

   ③ネガティブでなくポジティブに言うことを心がける
    「テンションを下げることを言わない」という言葉が印象的。

   ④一方的な物言いはしない。相手を尊重する
  
   ⑤上下意識は捨てる。中心となることを意識する
     上下意識を持つとどうしても発言が上から目線になり、
     一方的な物言いになってしまう。中心ということですが
     「支える」という考えで良いかもしれません。

 ■巻き込みに役立つフレーズ19
   19個のうち3つを記したいと思います。

   ①「私たちは」という言葉を意識づける

   ②テンションを高める3C言葉 = chance, change, can

   ③「あなたの○○と××と△△が必要不可欠なんです」
     3つあげるのがポイント。


【感想】

 思ったより言及箇所が多くなりました。今の自分にとっては
 記録しておきたいテクニックが多くあった感じです。

【実行すること】

 □助言を求めて巻き込み
 □社内人間のデータベース(=交流を増やす)
 □上下意識を捨てる
 □巻き込みフレーズを実践する

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 仕事術 巻き込み 社内調整 根回し ユニクロ 田中雅子 ダイヤモンド社

プレゼンの構成を考える3つの箱

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術
プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術

【ポイント】
 現実 → 理想
    ↑
   提案


 理想と現実のギャップとそれを埋める手段の提案。
 この関係図を頭に入れて、プレゼンを作って行こうという話。



 この3つからさらにツリーは伸びていく。
 現実から左に向かっては、現実の状態にある理由、それを証明する事実。
 理想から右に向かっては、さらに詳細の理想の姿。
 提案からは下へは、2つの枝を伸ばし、「何をするか」と「どうやるか」を
 3つずつ平行してボックスを並べていく。
 このようにして、上の3要素を深堀する=ドリルダウンしていきます。


 そして最後に、このツリーの上下を「イントロ」と「クロージング」で
 挟み込んで、図の全体像が完成します。
 この図を俯瞰しながらプレゼンの構成を詰めていくイメージです。


 言葉では説明が難しい。なんと著者本人のそのまんまな
 図と解説の記事があったのでこちらをぜひ:

 「実践!プレゼンのプロット図を描いてみよう」(Business Media 誠)


【学んだこと】
 ・イントロの役割は、「惹きつける」「プレゼンのアウトラインを伝える」
  クロージングの役割は「プレゼン内容のまとめ」「聴衆へのアクション提示」

 ・WIIFYを必ず入れる(聴き手にとってどんな利益があるのか?)

 ・アイデアづくりのロジックツリー
  ●カイゼン型ツリー
   A →強みでツリーを描く 強みを伸ばし
    →弱みでツリーを描く 弱みを強みに変える思考を助ける図

  ●異種混合型
   元と異種の部分を四角いマスにして、色々なものを当てはめて考えます。

   元  × 異種 = 新しいコンセプト → その実現手段・方法
  
   これは元と異種を複数種類用意しマトリクスにして総当たり戦のように
   アイデアをぶつけ合わせるということも言及されていました。   

【感想】
 本書自体図が多用されているので読みやすい。しかし、こういう図は見れば
 感心するんですが、なかなか自分で実践できないですね。なんでだろう?
 すぽーんと頭から抜けちゃう。それが悔しい。
  
【実行すること】
 この図を念頭に日常業務のことを考えてみる。
 特に「理想」「現実」「提案」の3要素に絞って物事を捉えるようにする

応援お願いします!ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : プレゼン 分りやすい ロジカル・シンキング 図解 図で考える 永田豊志 中京出版

リーダーに必要なこと。もう一度見直しましょう

サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ
サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ


【ポイント】
まず相手のために行動する(ニーズを満たす)ことで信頼関係を築く。
そうすることで相手への影響力が高まり、共に任務の遂行へ向かって
協力を引き出すことができる。


但し、ニーズと欲求は違う。欲求は結果を顧みない要求。ニーズは
その人ができる範囲で最高の人間になるにあたり必要なものごと。
だから、なんでもかんでも相手の要求を呑むということではない。
リーダーは、正しい環境を提供し、人が成長を自ら選択するよう、
必要な刺激を与えることがその役割である。

【学んだこと】
・権力は相手に強制すること。権威は相手に影響力への影響力を持って
 相手に自ら進んで物事をしてもらうこと

・愛しい憎らしいという感情はコントロールできないが、その結果どう
 行動するかは自分が選択することができる

・愛とは他者に対してどう感じるかではなく、他者に対してどう行動するかだ。
 他者のニーズを満たすために努力することであり、行動を伴わなければ意味がない

人は管理するのではない。先導するのだ

【感想】
複数の人物が参加する講義を舞台として、それぞれの会話を通じて
リーダーシップとは何かについて解き明かしていくという本です。

メインメッセージも決して目新しい感じではありませんが、
ストーリー形式で話が進んでいくところが良いところ。
興味深いエピソード、やりとりが多く、良い言葉も多い。
わかりやすくもあり、情緒的にも良い感じで本を読み終えることができるはず。

【すること】
他者の成長のため、導く、障害を取り除くことを心がける

目次
プロローグ このわたしが修道院へ?
1日目 リーダーが見落としているもの
2日目 殻を破り、逆転の発想を
3日目 「奉仕」と「犠牲」とリーダーシップ
4日目 「行為」としての愛について
5日目 メンバーが成長できる環境とは
6日目 どう行動するかを選びとるとき
7日目 リーダーにたいする真の報酬
エピローグ あらたな旅路へ

応援お願いします!ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : リーダーシップ 権威 権力 リーダー ジェームズ・ハンター 海と月社

「判断力」を強くする - 正しく判断するための14の指針

「判断力」を強くする - 正しく判断するための14の指針 (ブルーバックス)
「判断力」を強くする - 正しく判断するための14の指針 (ブルーバックス)

【つまり?】
期待値で選択肢の確率を求めても意味ないから

【参考】

1.選択肢は多めにあげる
2.絞り込む(善い単純化)
  例えば、拓さんあげた中でとりあえずよさそうな3つを採りあげ、
  それを評価する評価項目(これも複数挙げて予め重要層なものに絞り込んでおく)
  に従い評価する。
  その際第1案が3つの評価項目についてS・A・Sだったとして、次の第2案が
  A・A…と2つの段階で既に第1案より劣っていそうであれば第2案はそのまま
  捨てる。そうした省エネ作戦で選択肢を絞り込んでいく。
5.もっとも緊急なことにフォーカスする
  全体を見わたすことを忘れない。小さな緊急ごとに目を奪われない。
14.過去の判断ミスを悔いても無駄。今に集中する

判断力を強くするため全部で14の指針があり、そのうち良さげなものを
抜いてきたので、数字が飛び飛びになりました。
マニュアルなどに定められたルールは「中間目標」であって、最終目標ではない

ルールを守ることが目的ではないと。その先にある理想実現のために
ルールがあるということです。「柔軟に対処せよ」という指針の中で
出てきた言葉です。
自分に選択肢がない分岐点では最悪のケースを想定し、
自分に選択肢がある分岐点では最善の策を選べ

例としてのっていたのは、飲酒運転で人をはねてしまった。A救急車を呼ぶ(-30)
B逃げる→B1逃げ切る(-5点)、B2捕まる(-5000点)。
この場合AかBは自分で選べますが、B1かB2は自分で選べる状態ではありません。
よって、選べない状態であるB1orB2では最悪な方の-5000点を残し、Aの-30点との
対比をするということ。
B1かB2か自分で選べない状態で「もしかしたらB1で済むかも…」って思ってしまう
のは罠ということです。

この「選択できる・できない」という発想で最終的に「判断チャート」という
ツールに話は行き着いていきます。詳しくは本書でどうぞ。

【感想】
「つまり」で書いたことは本書の導入で出てくる話です。起きうる確率を
推定して選択肢の「期待値」を出すやり方が語られることがあるが、
それもたくさん繰り返した時にそうなるかもという確率の話であって、
一回しか選択できないときにそんなこと考えても意味ないじゃんていう
話はなるほどと感じました。

「分岐を自分で選べる選べない」という話も興味深いように思いますが、
ただまぁ、実際自分で選べるように見えて実はまったく選べないっていう
状況が結構多そうなんで、どうですかね。

でもやはりそれでも一つの決め方にはなってくれるでしょう。

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 判断力 決断 ディシジョンメイキング 意思決定 藤沢晃治 ブルーバックス

「もっと自信をつけたい!!」をかなえる本

「もっと自信をつけたい!!」をかなえる本
「もっと自信をつけたい!!」をかなえる本

【つまり?】
自分の気持ちに向き合い解消してあげなさい

【参考】
「~しなければならない」という考えが、自信喪失を起こしやすい。
その言葉は理想と現実のギャップの意識から来るもので、そして「~できなかったら
どうしよう」と結果を考えすぎる発想に繋がり、不安を増長するから。

意識を集中すべきは「今」「自分が何を感じているか」でその気持ちを解消
してあげることができれば、それが満足=自信へと変わっていく。
「~べき」ではなく、「したい」なのか「したくない」なのかを考え、

恐れることなく、自分の気持ちを人に伝えよう

【感想】
良い内容だとは思いますが「そういわれても」ってところがでちゃいますよね
こういう本は。それができたら本など読まん!みたいなことになりがちですが
どうでしょうか?

応援お願いします!ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 自信 不安 恐怖 克服 自尊心 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター

書評ブログリング
1.ビジネス本書評ランキング
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2.ビジネス本以外も

3.ランキング&成分解析 ブログランキングならblogram

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

simpletask

Author:simpletask
強み:
①本業であるマーケター歴
②色々な組織を経験し色々な壁を乗り越えてきた経験
③本を読みブログの記事にするまで1時間の多読派ブロガー
④スピーチ

検索フォーム
カテゴリ
リンク・相互リンク
tag

キャリア 生き方 働き方 プレゼン インプット リーダーシップ アウトプット 単行本 スピーチ 読書術 出世 ダイヤモンド社 話し方 講談社 勉強法 阪急コミュニケーションズ 星海社新書 仕事術 東洋経済新報社 すばる舎 朝日新書 読書 自信 独立 幻冬舎 アイデア 昇進 フレームワーク 起業 権力 中経出版 弁護士 クロスメディア・パブリッシング 上司 自己ブランディング フォレスト出版 マーケティング 教育 戦略 仕事 NLP 日本経済新聞出版社 メンタルトレーニング 日本実業出版社 大和書房 法律 考え方 不安 自己アピール 自己PR 資本主義 学校 人脈 河出書房新社 マッキンゼー 内田和俊 MBA 国語力 モチベーション セルフブランディング ブルーバックス 数字力 海と月社 転職 文章術 イノベーション 諸冨祥彦 宇都出雅巳 サンクチュアリ出版 チームマネジメント 競争 質問力 部下 自尊心 扶桑社 読書日記 ダン・ハース 考える力 問題解決力 松尾昭仁 マネジメント ちくま新書 夏川賀央 読む力 セールス スティーブ・ジョブズ アップル こう書房 日経BP社 判断力 営業 菊原智明 決断 日本経済新聞社 あさ出版 企画 荘司雅彦 経済 マインドマップ 速読 マガジンハウス ディスカヴァー 福田健 整理 チップ・ハース 面接 かんき出版 経営 思考法 就職活動 東大 交渉 判断 コンフィデンス 泉忠司 思考 理Ⅲ 西脇資哲 廣済堂出版 仮説 反対尋問 本音 二階堂忠春 堀公俊 加藤彰 会議 ディスカッション 山本昭生 まとめ 鈴木進介 松宮義仁 すっきり ファシリテーション オバマ 演説 シンプル 田中千尋 傾聴力 中公竹義 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター 克服 手描き 共感 高橋宣行 ノート ディシジョンメイキング 権威 リーダー ジェームズ・ハンター 決断力 藤沢晃治 意思決定 競争戦略 恐怖 菅野誠二 星野浩美 兼子良久 上田隆穂 読書法 コーチング 聴く 医学部 学習院マネジメント・スクール テキストマイニング リサーチ 調査 消費者心理 イン・デプス コンサルタント 田中裕輔 渡瀬謙 吉永賢一 ノート術 吉澤ゆか アスキーメディアワークス 1本線 秋元康 NHK 発想 フォトリーディング つもり 分りやすい 人間関係 気のせい 新書 橋下徹 再読 海老原嗣生 坂田篤史 石井裕之 催眠 統計 回帰分析 標準偏差 心理 横田尚哉 ファンクショナルアプローチ 問題解決 内藤誼人 正規分布 パワー 内山力 カリスマ コールドリーディング 内部利益率 現在価値 検定 在庫管理 コクヨ 下地寛也 本田由紀 平田オリザ 演技 職業選択 キャリア教育 丸山純考 朝日出版社 ウェルチ アイデアのちから コミュニケーション 演劇 外資金融 東大医学部 戯曲 早川書房 伝達 解決志向 日本文芸社 久瑠あさ美 明瞭 ブランド アーカー ビル・レーン BCG スタイル 内田和成 簡潔 情熱 want 言葉 メンタルトレーナー マインド 坂口孝則 詐欺 カルト 石井至 勉強会 英語 伊賀泰代 関谷英里子 國貞文隆 マリリー・G・アダムス 大根田勝美 兵藤ゆき ステファン・オーランダー パイ・インターナショナル 齊藤隆 講談社現代新書 幻冬舎新書 山崎元 加藤聖龍 世野いっせい 池田貴将 冨山和彦 川上徹也 ジム・レーヤー 藤田晋 水野俊哉 角川学芸出版 佐藤玖美 見城徹 アジャス・アーメッド 変化 松野恵介 実務教出版 コンサル 並木裕太 ディスカヴァー・トゥウェンティワン ダビッド・J・シュワルツ すばる舎リンケージ 祥伝社 NPO ボランティア 吉岡秀人 メンタルケア 自己評価 篠田恵里香 司法試験 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 矢野香 深谷圭助 心屋仁之助 学習 辞書 問う力 ライティング 倉島保美 プレジデント社 リンダ・グラットン 資格 横須賀てるひさ キャリア官僚 小倉広 NHK出版 アスコム 行動予測 ベキ法則 アルバート=ラズロ・バラバシ 仕事力 中野雅至 コリン・パウエル プロデューサー トニー・コルツ 井口耕二 飛鳥新社 お笑い 新潮新書 ソフトバンク新書 松島直也 桜井章一 加地倫三 前刀禎明 石黒謙吾 牧田幸裕 小塚かおる 奥山真司 地政学 国際政治 野地秩嘉 選挙 三谷宏幸 組織論 久保光俊 松尾喬 安宅和人 英治出版 下園壮太 アネット・シモンズ 経済学 飯田泰之 田島弓子 物語 山口揚平 宴会 パーティー 合コン 児玉教仁 福島浩史 坂口茂樹 リーディング 理解力 小宮一慶 大和出版 メンタル 把握力 読書力 久保憂希也 キム・キョンテ 野津卓也 関口勝生 室井俊男 明日香出版社 やる気 真田茂人 心理学 五百田達成 堀田秀吾 フォロワーシップ 河合薫 園義博 三笠書房 三冨圭 斉藤英治 小暮太一 金持ち父さん 巻き込み 播摩早苗 社内調整 根回し ユニクロ チームビルディング 承認力 図解 図で考える 永田豊志 中京出版 田中雅子 イースト・プレス 奥山典昭 スキル 井上健一郎 マルクス キヨサキ 抜擢 コスモトゥーワン 高橋洋一 セミナー 文章力 高橋フミアキ 林文子 非常識 洋書 山田玲司 読み方 三浦哲 竹内正浩 メラニー・フェネル 認知行動療法 ボトルネック 洞察力 石川和幸 ディスカバー21 ボディランゲージ 人を動かす 酒井穣 鳥原隆志 カタリバ 実務教育出版 瀧本哲史 インバスケット 人望 レイル・ラウンデス 名刺 後藤光正 Nanaブックス KKベストセラーズ デキる rules No ナナ・コーポレート・コミュニケーション 情報処理 木山泰嗣 ダン・S・ケネディ 成功 個性 クリス・ギレボー 傲慢 自我 ストレス メンタルタフネス サンマーク出版 残業 ワークライフバランス 主婦の友社 スティーブ・シーボルド 投資 打たれ強い 悩み 田中ちひろ 金持ち ロジカル・シンキング 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。