スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスマンの数字活用力向上講座

ビジネスマンの数字活用力向上講座
ビジネスマンの数字活用力向上講座

【つまり?】標準偏差回帰分析検定在庫管理(需要予測の立て方)、DCF…
などについてケーススタディで学ぶ。ケースは簡単・身近

目次など出版社ページ

【参考】
・伸び率の平均は幾何平均(相乗平均)を使う
 Excelではpower(変数,指数)や、SQRT(数)を活用

標準偏差関数のSTDEVAとSTDEVPの使い分け?とりあえずSTDEVPで

・近似曲線は標本の分散・ブレが大きい場合には不適切

・重回帰分析にあたって、まずは変数動詞の相関分析→説明変数を絞り込み

・適正在庫管理用関数
 特定の確率を取る数値を求める=NORMINV(確率, 平均値, 標準偏差
 x以下の値を取る確率=NORMDIST(x, 平均, 標準偏差,TRUE/FALSE)

・一般に「10%の欠品を許容する生産量(需要)」は
 需要の平均値+1.28(安全係数)×標準偏差

・分散分析(ばらつき高or低)
 →f検定(分散が等しくないと仮定or等分散を仮定)

現在価値の和=関数NVP
内部利益率=関数IRR

【感想】
こういった数字をどのような場面で使うかをケースを示して
説明してくれます。このケースが普通にイメージできる世界の話
なのでわかりやすくなっています。

既に統計本はある程度読んでいる自分でしてその点影響しているかも
しれませんが、たぶんこの本は特にわかりやすいのではと思います。
理由は余分をはしょりポイントを絞っているからではないでしょうか。

特に統計マニアに囲まれていない、普通の生活においては、
この本の内容でも十分「お、こいつ統計が使えるのか!」と
印象づけるのに十分な内容だと感じます。

しかしこの表紙はどうなのか。ちょっともったいない気が。
それから目次がいけてなくて、何を学べるのかが分り辛くこれまたもったいない。


よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 数字力 統計 回帰分析 標準偏差 正規分布 検定 在庫管理 現在価値 内部利益率 内山力

問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門

問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門


【つまり?】
物事が存在すること、そのあり方を目的と手段から捉えよ
ところで「目的」は何ですか?「誰のため」にそれをするのですか?
当初の目的と手段は今も有効ですか?

目次参考(出版社ページ

【参考】
 ・ファンクション=役割、効用、働き、意図
 ・ファンクションは「~を~する」という形で表現する
 ・ロジックツリー状にファンクションを並べていき、
 ・目的と手段の関係性を確認していく

【その他】
入門編だからでしょうか。今一このアプローチの特別感を理解することが
できませんでした(詳しい前著があるようですが未読)。
そもそも「ファンクション」の定義がよくわからない。

物事が存在していること、その形になっていることには
目的があり理由がある。なので、物事に当るときは以下を念頭に:

・その目的にかなった状態や姿になっているか
・その状態や姿になっているのには別の理由や目的がないか?
 実はそっちの方が重要だった!なんてことがないか


こういうことを意識しておけばよいのか?

”本格的なファンクショナル・アプローチでは、ファンクションごとの
コスト分析を行い、目標とするコストとそのバランスを見出し、
あるべきビジネスモデルを具現化していくという作業をしていきます”
ともありますけど、オプションのコスト分析は別に独自のものでは
ないでしょうし、なんだかなぁ。

よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ファンクショナルアプローチ 問題解決 横田尚哉

アイデアのちから

アイデアのちから
アイデアのちから

【つまり?】
人々の”記憶に焼きつくアイデア”は、世の中を動かすことができる。
そうしたアイデアは意識すれば誰でも作ることができる。

【参考】
記憶に焼きつくアイデアのキーワードはSUCCES
 Simple   単純明快である 
 Unexpected 意外性がある
 Concrete  具体的である
 Credible  信頼性がある
 Emotional  感情に訴える
 Story    物語性


ジェームズ・カービルの逸話。
 クリントン元大統領が大統領候補時代の話。ある討論番組中、
 話が長く多彩な知識を披露しようと話が長くなりがちなクリントンに対して、
 「問題は経済なんだよ、バカ!」のカンペを見せるカービル
 →話題を絞れ、知ってること全てを話そうとするな。誰も理解しない。


「役に立たない正確さ」
 細かい説明で相手を混乱させるより、既知のものへの類推を用いて
 イメージをぱっと沸かせる方が役に立つ

【その他】
ある程度センスも問われるとはいえ、SUCCESSなどを意識できているか
いないかでも絶対差が出てくるはず。

まずは「単純明快」でしょうか。ここは強く意識したいと思いました

よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : アイデア インプット アウトプット フレームワーク チップ・ハース ダン・ハース

【再読】パワープレイ 気づかれずに相手を操る悪魔の心理術

パワープレイ (ソフトバンク文庫)
パワープレイ 気づかれずに相手を操る悪魔の心理術 (ソフトバンク文庫)

<<昔読んだ本についての簡単なメモです>>

相手が質問攻めしてくるときには、こちらのパワーを奪おうという
目論見が隠されている場合が多く、そういう場合には、わざわざ
きちんと返答する必要はない


相手から質問攻めにあったときには、とにかく知っている限りのことを
話せばいい。最悪なのは「あの…ええと…」といいよどんでしまうこと。
これでは相手に心理的に優位な立場に立たれてしまう。

受身表現を多用すると説得力が落ちる
…的。…性といった余計な言葉を連発すると説得力が落ちる

弱弱しいイメージを与える言葉:
 ・強調(とても、すごく、たくさん)
 ・ヘッジ表現(と思います。かもしれません。と考えられます)
 ・ためらい表現(ええと…。あの…)
 ・自己質問系(あれ、~だったかな(ぁ))

手を上から下へ動かす=力強さ・権威
手を下から上へ動かす=やさしさ・温かさ
手を横に広げる=受容・共感

一番上の引用箇所は新しいことを気づかせてくれました。
質問に答えてしまうことが、相手のペースに乗ることを意味する。
全てに回答、あるいは、反論など生真面目にする必要はなく、
相手の投げかけはつっぱねる、スルーしてしまうのが喧嘩上手かなと。



よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : パワー 権力 心理 内藤誼人

秋元康の仕事学

秋元康の仕事学 ( )
秋元康の仕事学

【つまり?】
自分が面白いと思うこと。それが企画だ。根拠のない自信も大切

【参考】
秋元さんは企画を立てるにあたってリサーチはしないとのこと。
リサーチは過去の成功例の分析であり、そこからは二番煎じしか
生まれないとの考えです。

重要なのは自分の感性。常に新しいことにチャレンジすること、
その中で感性を高めること。一日たりとも人生を無駄にするな

記されています。
(魅力ある人は新しいことを見つけ出すのがうまい!)

自分の感性が正解かどうかはわからないけど、人から非難されたり
注文を付けられることを恐れるなとしています。非難する人もやがて
慣れれば何も言わなくなる。

すなわち、人のしょっぱなのひと言を恐れて、多くの人が
思いついたことを思いとどまってしまうのはとてももったいない

と言っています

【感想】
企画の出し方については、「予定調和を崩す」ということが頻繁に
言われています。AKB48もやはりそこを意識したもの。
センターを務める人間をじゃんけんで決めるなんていうのも
その一環だそうです。

全体像が見えない、新しい事実の発見。そうしたもので持続ある意外性を
生むことの大切さが述べられています。

それから、これは本筋話ではなかったのですが、秋元さんの父親の話が
印象に残りました。ガンであることを告知しない選択をしたものの、
お父さんがついに倒れた日、お父さんが紙に文字を書いて何かを伝えようと
していた。しかし、その文字は読めないほど乱れていた。

もしガンを告知していたら、伝えておきたいことをもう少ししっかりした形で
残しておく準備をさせることができたかもしれない。

その後悔がのちに小説という仕事への世界に繋がったとという話ですが
やはり少し先にもどうなるかわからない人生、無駄にできる日はないと
教えられたような気がしました。

よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 秋元康 仕事術 企画 発想 アウトプット インプット NHK

実は気づいてました 「仕事をしたつもり」

仕事をしたつもり (星海社新書)
仕事をしたつもり (星海社新書)

【つまり?】
実際に頑張っているのに成果はほとんど出ない。
ルールや体裁を整えることに資源と時間を無駄遣いしている。
仕事をしている時間の大部分はそうしたつもり仕事なのだ。

目次や内容のつまみ食いなどはこちら

【目的】
・「したつもり」の仕事の定義を確認
・自分はそこに陥っていないのか確認
・逆に心がけること・方法などを知る

【結果・ヒント】
・考えることから逃げ、量という容易さに走り、それが周囲からも賞賛される
 それが「仕事をしたつもり」のサイクルを生み出している

 「量の神話」・・・多い方が偉い
  ・長時間働けば~
  ・資料を大量に作れば~ →大量の資料を用意し読み上げるだけの会議(×)
 
  ⇒言いたいことを簡単なベタうちレベルで1枚で示せば十分。
   質問が出ればそれに答えられる資料は手元に控えておく
   そのやりとりが生きた会議(○)

 「ハコモノ志向」・・意味を考えずとりあえず形だけはやっておこう
  ・はやりのビジネスモデルに飛びつく
  ・根拠のないノルマ         
    →他所での成功事例に基づいたとりあえずの指示、表面的な合理性
  ・上から言われてする形だけの作業

  ⇒本当に成果はあるのか
   その数字は本当に妥当なのか
   を問えることが重要

 「本末転倒」
  ・目的のための手段によって、余計に目的から遠ざかる状態
   例)タクシーなら5分の距離を電車で40分かけて行く

 <対策>
  (自分なりに解釈した形で書いておく)
  ・行動の結果が常に目的に沿っているのかを検証すること
  ・用意な安全策や単なる奇抜な奇策ではない、合理的な喜作を狙う
   リスクを取り先駆者となる

【その他】
 この後「過剰サービスという名の仕事をしたつもり」なんて話も出ます。
 この辺も頷かされます。
 明確な解決策が提示されるかというところまではいきません。
 しかし、なんとなく感じたことを明言してくれる。そのことによって
 考えるきっかけ=行動へのきっかけを掴ませてくれる本です。

よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 仕事 スタイル 働き方 新書 気のせい 海老原嗣生 つもり 星海社新書

アイデアのつくり方を「仕組み化」する

アイデアのつくり方を「仕組み化」する
アイデアのつくり方を「仕組み化」する

【つまり?】
既存のアイデア法を別の例え話でまとめました

【参考】
・問題の前提を無視
 「法律知識を売り物とする弁護士事務所について、逆に
  法律の知識が全くない事務所として、どうやって売り出せるか?」
  ⇒当り前のものが欠くことでアイデアの飛躍を図る

・問題の大きさを変更する
 「たった一冊の雑誌でPRするとしたらどうするか」
  逆に、
 「国内の全てのメディアを使ってPRできたとしたら何をするか」

・他人になりきって発想する
 「~だったらどう考えるか。適当な人物リストを作って考えてみる」

・反転して考える
 「顧客と一切コミュニケーションを取らないためにどうしたらよいか」

・これを~に例えるとどういうことになるか考える

目新しいものかと言われると悩みますが、まぁ参考になります。
ただし具体列が少なくイメージは湧き辛いかもしれません。

【感想】
アイデアの作り方をドライブに例えてストーリー仕立てで
まとめなおしたみたいな本です。

 1.探査:問題の把握
 2.構築:問題解決へのルートの組立
 3.確認:ルートを見定める(ネガチェック、最適ルートの選択)
 4.実行:ルートを実際に進む

こんな感じの構成で次々と説明していきますが、例え話にする
必要性を余り感じません。分りづらいし無理やり感が出ています。

翻訳の過程でばっさり切り落とされた部分などがあるのでしょうか?

内容そのものもどこかで聞いたことのある発想法をまとめただけという
感じがします。まとめただけならまだしも分り辛いという。


よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング

関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : アイデア インプット アウトプット フレームワーク 単行本

ウェルチの「伝える技術」

ウェルチの「伝える技術」
ウェルチの「伝える技術」

<原題>JACKED UP the inside story of how Jack Welch talked GE into becoming the world's greatest company
Welch's speechwriter for 20 years

【つまり?】
報告はいらない。
聞き手に何を知ってほしいのか?または何をしてほしいのか
それだけを盛り込め

【内容】
ジャック・ウェルチ専属スピーチライターであり彼の近くにいた著者が
ウェルチの言動を綴った書籍です。

ウェルチが人物評価に重視していたのは
IQと情熱

それから伝える力、プレゼン力。
下手なプレゼンに対しては罵倒、止める、物を投げる、そして、
出世させないなど散々
だったようです。

彼が求めたプレゼンは、
 ・話者の情熱が伝わること
 ・データや文字で埋まった資料ではない
 ・自分たちはこんだけ頑張ったなど余分な話をしない
  そこから得たこと、そして何をすべきかに焦点が当たっている
 ・聞き手に何を知ってもらいたいのか、何をしてほしいのかを
  簡潔明瞭に伝える内容であること


など。
専門用語や凡庸な常套句が入るプレゼンも毛嫌いしていたとのこと。

プラス、スピーチライターである著者の言葉も色々と参考になります。

・会いにやってきた人物に向かって「なぜここに来たのか?自分に
 何を望んでいるのか」という質問を初っ端に浴びせる担当者の話を
 もとに、
 プレゼンでも単刀直入に本題について触れ、笑いやアドリブを
 入れようなどと余計な気を使うな」


・冒頭は重要。鋭く研いだ言葉を聞き手に浴びせろ

・相手の興味よりも、自分の賢さを示そうとすることの愚かさ

スピーチプレゼンには必ずWIIFY(what's in it for you)が
 入ってなければならない


【応用】
ウェルチが重視した「情熱」に関する引用を少し。

IBMから移ってきた社員で「優秀でない」者には会ったことがないが、
本当に優秀な者には会ったことがないとウェルチは言った。
著者が見たところ、彼らは一様にエリート然としていて
情熱にかけるようだった。



求められていたのは、周りの人間をも巻き込む鬼気迫るほどの情熱だった。
私がこれまで見た中で、最高のプレゼンのいくつかは、私がこれまで
であった中でも最も寡黙でおとなしい人間によるものだった。
彼らのパワーは、派手な動作の中ではなく、仲間に伝えようとする思いの中にあった。



組織の長として(報告やプレゼン内容で)ごまかされたり、
一般論で煙にまかれたと感じたら、決してそれを見逃してはならない。
自分を騙そうとした人間は叱りつけろ



情熱=気性の激しさ的な意味も同時に有するようです。そもそもウェルチ
自身の気性の激しさがたくさんこの本には描かれています。

冷静にみられることの多い自分だが、その気質では限界があることを
感じていた。打開するには感情をもっと押し出すべき。
その必要性を改めて突きつけられた感じです。

よろしければ応援をお願いします ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ウェルチ プレゼン スピーチ 言葉 情熱 簡潔 明瞭 ビル・レーン

書評ブログリング
1.ビジネス本書評ランキング
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2.ビジネス本以外も

3.ランキング&成分解析 ブログランキングならblogram

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

simpletask

Author:simpletask
強み:
①本業であるマーケター歴
②色々な組織を経験し色々な壁を乗り越えてきた経験
③本を読みブログの記事にするまで1時間の多読派ブロガー
④スピーチ

検索フォーム
カテゴリ
リンク・相互リンク
tag

キャリア 生き方 働き方 プレゼン インプット リーダーシップ アウトプット 単行本 スピーチ 読書術 出世 ダイヤモンド社 話し方 講談社 勉強法 阪急コミュニケーションズ 星海社新書 仕事術 東洋経済新報社 すばる舎 朝日新書 読書 自信 独立 幻冬舎 アイデア 昇進 フレームワーク 起業 権力 中経出版 弁護士 クロスメディア・パブリッシング 上司 自己ブランディング フォレスト出版 マーケティング 教育 戦略 仕事 NLP 日本経済新聞出版社 メンタルトレーニング 日本実業出版社 大和書房 法律 考え方 不安 自己アピール 自己PR 資本主義 学校 人脈 河出書房新社 マッキンゼー 内田和俊 MBA 国語力 モチベーション セルフブランディング ブルーバックス 数字力 海と月社 転職 文章術 イノベーション 諸冨祥彦 宇都出雅巳 サンクチュアリ出版 チームマネジメント 競争 質問力 部下 自尊心 扶桑社 読書日記 ダン・ハース 考える力 問題解決力 松尾昭仁 マネジメント ちくま新書 夏川賀央 読む力 セールス スティーブ・ジョブズ アップル こう書房 日経BP社 判断力 営業 菊原智明 決断 日本経済新聞社 あさ出版 企画 荘司雅彦 経済 マインドマップ 速読 マガジンハウス ディスカヴァー 福田健 整理 チップ・ハース 面接 かんき出版 経営 思考法 就職活動 東大 交渉 判断 コンフィデンス 泉忠司 思考 理Ⅲ 西脇資哲 廣済堂出版 仮説 反対尋問 本音 二階堂忠春 堀公俊 加藤彰 会議 ディスカッション 山本昭生 まとめ 鈴木進介 松宮義仁 すっきり ファシリテーション オバマ 演説 シンプル 田中千尋 傾聴力 中公竹義 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター 克服 手描き 共感 高橋宣行 ノート ディシジョンメイキング 権威 リーダー ジェームズ・ハンター 決断力 藤沢晃治 意思決定 競争戦略 恐怖 菅野誠二 星野浩美 兼子良久 上田隆穂 読書法 コーチング 聴く 医学部 学習院マネジメント・スクール テキストマイニング リサーチ 調査 消費者心理 イン・デプス コンサルタント 田中裕輔 渡瀬謙 吉永賢一 ノート術 吉澤ゆか アスキーメディアワークス 1本線 秋元康 NHK 発想 フォトリーディング つもり 分りやすい 人間関係 気のせい 新書 橋下徹 再読 海老原嗣生 坂田篤史 石井裕之 催眠 統計 回帰分析 標準偏差 心理 横田尚哉 ファンクショナルアプローチ 問題解決 内藤誼人 正規分布 パワー 内山力 カリスマ コールドリーディング 内部利益率 現在価値 検定 在庫管理 コクヨ 下地寛也 本田由紀 平田オリザ 演技 職業選択 キャリア教育 丸山純考 朝日出版社 ウェルチ アイデアのちから コミュニケーション 演劇 外資金融 東大医学部 戯曲 早川書房 伝達 解決志向 日本文芸社 久瑠あさ美 明瞭 ブランド アーカー ビル・レーン BCG スタイル 内田和成 簡潔 情熱 want 言葉 メンタルトレーナー マインド 坂口孝則 詐欺 カルト 石井至 勉強会 英語 伊賀泰代 関谷英里子 國貞文隆 マリリー・G・アダムス 大根田勝美 兵藤ゆき ステファン・オーランダー パイ・インターナショナル 齊藤隆 講談社現代新書 幻冬舎新書 山崎元 加藤聖龍 世野いっせい 池田貴将 冨山和彦 川上徹也 ジム・レーヤー 藤田晋 水野俊哉 角川学芸出版 佐藤玖美 見城徹 アジャス・アーメッド 変化 松野恵介 実務教出版 コンサル 並木裕太 ディスカヴァー・トゥウェンティワン ダビッド・J・シュワルツ すばる舎リンケージ 祥伝社 NPO ボランティア 吉岡秀人 メンタルケア 自己評価 篠田恵里香 司法試験 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 矢野香 深谷圭助 心屋仁之助 学習 辞書 問う力 ライティング 倉島保美 プレジデント社 リンダ・グラットン 資格 横須賀てるひさ キャリア官僚 小倉広 NHK出版 アスコム 行動予測 ベキ法則 アルバート=ラズロ・バラバシ 仕事力 中野雅至 コリン・パウエル プロデューサー トニー・コルツ 井口耕二 飛鳥新社 お笑い 新潮新書 ソフトバンク新書 松島直也 桜井章一 加地倫三 前刀禎明 石黒謙吾 牧田幸裕 小塚かおる 奥山真司 地政学 国際政治 野地秩嘉 選挙 三谷宏幸 組織論 久保光俊 松尾喬 安宅和人 英治出版 下園壮太 アネット・シモンズ 経済学 飯田泰之 田島弓子 物語 山口揚平 宴会 パーティー 合コン 児玉教仁 福島浩史 坂口茂樹 リーディング 理解力 小宮一慶 大和出版 メンタル 把握力 読書力 久保憂希也 キム・キョンテ 野津卓也 関口勝生 室井俊男 明日香出版社 やる気 真田茂人 心理学 五百田達成 堀田秀吾 フォロワーシップ 河合薫 園義博 三笠書房 三冨圭 斉藤英治 小暮太一 金持ち父さん 巻き込み 播摩早苗 社内調整 根回し ユニクロ チームビルディング 承認力 図解 図で考える 永田豊志 中京出版 田中雅子 イースト・プレス 奥山典昭 スキル 井上健一郎 マルクス キヨサキ 抜擢 コスモトゥーワン 高橋洋一 セミナー 文章力 高橋フミアキ 林文子 非常識 洋書 山田玲司 読み方 三浦哲 竹内正浩 メラニー・フェネル 認知行動療法 ボトルネック 洞察力 石川和幸 ディスカバー21 ボディランゲージ 人を動かす 酒井穣 鳥原隆志 カタリバ 実務教育出版 瀧本哲史 インバスケット 人望 レイル・ラウンデス 名刺 後藤光正 Nanaブックス KKベストセラーズ デキる rules No ナナ・コーポレート・コミュニケーション 情報処理 木山泰嗣 ダン・S・ケネディ 成功 個性 クリス・ギレボー 傲慢 自我 ストレス メンタルタフネス サンマーク出版 残業 ワークライフバランス 主婦の友社 スティーブ・シーボルド 投資 打たれ強い 悩み 田中ちひろ 金持ち ロジカル・シンキング 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。