スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金についての考えてみる「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?
なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

【つまり?】

ピカソは物と人が生み出す「信用」がどんな価値を生むのかに対する智恵があった。
それがゴッホとの差。そしてこれからは、貨幣に増して「信用」が重要な時代になる。

【ポイント】

①世の中には2通りの生き方がある。ひとつはリスクを取る生き方
 もう一つは、人に従う生き方だ。私はリスクを取る生き方をしてきた(59)


元スターバックスCOOで投資家の大富豪が著者に話した言葉とのこと。
個人的に「リスクをとる」ということを最近考えています。
リスクを取れないのなら、平々凡々な生活に甘んじるしかないのだなと
素直に実感できるようになりました。

②ビジネスには2つのレバレッジがある。人を動かす。人のお金を動かす(59)

同じ大富豪の言葉。個人としての能力が高くても人を動かせる人には適いません。

さらに「最終的な勝者は人と動かす者だ。すべてのビジネススキルの中で、
組織力学・行動心理学こそ学ぶ価値がある」と言い、彼自身は投資銀行での
経験もあり事業立ち上げの際の大がかりなファイナンス法にも熟知していた
とのこと。

これらのスキルを少しでも身につけるべき。
ビジネスではなくても、お金を集める経験ていうものを多く積むべきです。

③B/S(バランスシート・貸借対照表)を重視せよ(61)

これまた同じ人の言葉。BSは状態(BE)であり、損益計算書=成果を
生み出す元となるもの。成果だけを見ていては物事のポテンシャルを
見失う。だから状態(BE)を重視せよということ。

まぁ単純に考えてB/Sは会社の歴史の積み重ねであり、積年の実績な
わけですから、PLよりは情報が詰まっているわけです。
でも、改めてB/Sに注目させられました。

④本来企業が持つ理論的な価値と実際の株価などの企業の価格の差を
 生じさせるもの。それはその会社が持つ「信用」(クレジット)の差である(84)


「信用」は本書のキーワードです。著者の主張は「個人の信用を高めろ」です。

⑤最強の投資先はコミュニティ(178)

信頼や価値観により結びついたコミュニティが今後の有望な投資先。
貨幣を介さない新たな経済圏を作り出すことがこれからの重要課題と言います。


【感想】

著者の視点は面白いと感じましたが、物々交換的経済が可能といった
主張はピンと来ません。今の技術水準前提に交換も簡単になったと思えるだけで
物々交換的な世界になってしまうとその前提である水準を維持するのが
非常に困難になります。

というわけで「つまり」の①②③のようにメインテーマとはちょっと
違ったところが個人的にツボにはまってしまった次第ですが、とはいっても、
お金、信用、経済。こうしたことへ新たに考える姿勢を持てせてくれる
よい本でした。あと、タイトルから想像するであろうよりも真剣な本です。


応援お願いします!ブログ村ランキング
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 資本主義 経済 山口揚平 ダイヤモンド社

お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則

お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則
お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則

【つまり?】

 よく考えて、ちゃんと行動する。

【ポイント】

元ハゲタカ、投資家の著者が見つけた「投資家脳」を持つ人の特徴とは?

①投資家は、リスクが怖いのではなく、リスクがわからないことを恐れる。
 できるだけリスクを把握し、リスクを最小限に抑える方法を考える。 
 ディフェンスこそ命なのだ。

②他の人が行かない道を行く

③選択に迷ったら、よりワクワクする方を選ぶ。
 ワクワクがなければ、より困難な方を選ぶ


④まずはやってみるという姿勢が、道を開く。
 失敗しないでそこそこでやってきてしまうと、経験が詰めず、
 やがて伸び悩む


⑤有利な場所へと自分が動く

その他P167にあった、これぞまさに経済の話だという
「黒海沿岸の小さな村の話」(作者不明?)がありました。

⑥まず出口を決め、そこから逆算して、仮説を立てながら動く
 この出口の話は本書では一番最初に載っている法則になります。
 投資家の考え方としては基本中の基本とか。

 単純に言葉通りにとらえればよいのかどうか。

 株式投資で言えば、最初から目標値とロスカットを設定しておき、
 エントリーポイントを定める。上下の目標に達したら機械的に売る。
 みたいなことになるでしょうか。
 
【感想】

「つまり」で記載した他にも、よりお金に直結する法則も
記載されています。

それでも個人的には「リスクがわからないことを恐れる。
ディフェンス命」のくだりが最も印象的でした。

一方で「まずはやってみる」という法則もあるんですよね。
例えとして、常に上司に承諾を求めず自分の責任で自分で
動いてみるというような話も挙げられていました。

合わせると、恐れなくてよいリスクを恐れず、恐れるべきリスクは
しっかり回避するという感じでしょうか。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 世野いっせい 河出書房新社

「成功」の取扱説明書? 「成功」のトリセツ

「成功」のトリセツ (角川フォレスタ)
「成功」のトリセツ (角川フォレスタ)

【つまり?】

新刊JPのサイトで詳しい解説や目次があったのでそちらも参照を。

【ポイント】

今更なポイントですが、これって大事だよなと思った成功するためのポイント:

 ①目標を立てる

 ②それを紙に書き出し、毎日声に出して読む

 ③小さな行動を開始して習慣化していく


本書でも今更ながらと断りのある言及。それでもやっぱり重要だと。

【感想】

色々書いてあって上記だけかよと著者もがっかりかもしれませんが、
逆に言うと今までさんざこの手のことを言われてなお、今回、
その重要性を悟った著者の力量と思っていただければ。

"「成功本50冊「勝ち抜け」案内"の著者ですし。
何冊も成功本を読んでそのエッセンスをまとめてきた人から見て、
大事だと言うのだからと、本気で重要性を考えさせられた次第。

確かに何度も出てくるコツですよね。でも、一度もやったことがない。
そして今まで自分の人生余り変わり映えしない。
いよいよ本気で試してみるべきか。

【実行すること】

目標を書き出してみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 キャリア 水野俊哉 角川学芸出版

すべては「前向き質問」でうまくいく

すべては「前向き質問」でうまくいく
すべては「前向き質問」でうまくいく

【つまり?】

自分が自分に対して投げかける内なる質問を良い質問にすると行動が変わる

【ポイント】

ポイントは「セルフ・クエスチョン」。

何か行動する前に、人は自分の中で自分に対して質問している。
逆に言うと、質問してから行動する。
このことに気づけることがポイント。

気付いたら、後はその質問を良い質問へと変えるだけ
例えば、

・なぜこんなひどいことが起きたのか?

・何をしたらうまくいく?


という感じです。

それから、良い質問にするためにさらに一歩下がって考えるべきこと:

・私はどんな思い込みをしているか?
・他にどんな考え方ができるか?
・相手は何を感じ何を望んでいるか?


このようにして、変に否定的な質問で停滞するのではなく、
状況をより正確に把握し、必要な行動を生み出す質問を作り上げていく。

【感想】

セルフクエスチョンから行動が生じる。
確かにそうだなあと感心しました。

まずは、普段自分が自分にどんな質問をしているかを見極めてみることが
必要ですね。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 マリリー・G・アダムス ディスカヴァー

「最高の人生と仕事をつかむ18分の法則」

最高の人生と仕事をつかむ18分の法則
最高の人生と仕事をつかむ18分の法則

【つまり?】

やらされ事に忙殺されずに、いかに生産的に過ごすか?
 ・やるべきこととに集中し、やるべきでないことをやらない。
 ・適宜一時停止をして、自分のこれまでとこれからを確認する。惰性で生きない。

【ポイント】

■「18分の法則」とは?

一度立ち止まって自分の毎日が正しい方向に向かっているかを
確認する作業のこと。

 ①朝5分今日一日の予定の確認
 ②日中に1時間ごと1分の休憩をとり、直前の1時間を振り返る×8時間
 ③寝る前5分。その日一日の振り返り
  ・その日成功、失敗したこと
  ・今日新しく学んだこと、次に活かしたいこと
  ・誰と交流したか、交流すべき人


これで計18分。これを日課にし、自分の年間テーマに取り組んでいく。

年間テーマとは、その年にやろうと決めた5つ程度のテーマのこと。
このテーマも人によって数は違うが、せいぜい5つ程度に絞ることが必要。
そしてテーマを決める際に意識することは、

  ・自分の得意なことを続ける 
  ・あえて苦手なことにトライする(視点が固まらないように)
  ・他人と違うことをする
  ・情熱を注げるものにする
  ・本当に大事なことに絞る


こんな感じで、タスク管理的な思想を説いた本。
やるべきでないことをどう避けていくかといったコツも紹介されている。

あとは以下の逸話が印象的でした。

 ”某巨大小売チェーンで、社員に十か条の規範を示した。
 後日、覆面調査でその浸透度を確認したところ10個のうち9個は
 かなりの確率で実行されていることがわかった。
 では、各店の売り上げは伸びたか?全く伸びていなかった。
 
 そこで、逆に実行されていない1つを確認した。ほとんどの店で
 実行されていない1つは共通してるある項目だった。

 そして、実行されていた9個は、そもそも言われなくても社員が
 やっていたことだとわかった。

 つまり、言うべきことはその実行されていない1個だけでよかった”

効果を得るために、何が必要で、どこにフォーカスすべきかという
ことを思いださせてくれるエピソードでした。

【感想】

余り目新しいことは言っていません。

お、っと思ったのは日中1時間に1分振り返りを行うこと。
時計のアラームをセットして、強制的に1分の休憩を取る。

気付くとだらだら仕事を続けがち。そんなところにこれをすることで、
時間意識、集中力、生産性、効率性が向上する気がします。

【実行すること】

 明日から1時間1分休憩を実践する


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 働き方 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 日本経済新聞社

すりへらない心をつくるシンプルな習慣

すりへらない心をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)
すりへらない心をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)


【つまり?】

 ちゃんと言う勇気が人生を変えていく(P184)

【ポイント】

 やらなきゃいけないこと > やりたいこと

 という不等号の状態だと擦り減る。
 さらに問題なのはそもそもやりたいことがない状態。
 やらなきゃいけないことばかりを考えているうちに、
 いつの間にか自分が何をやりたいのか、何に感情を動かされるのかを
 忘れていくわけです。これがまずい状態。

 そうならないために、「本当は自分は何をしたいのか?」を考え
 やりたいことをどんどんやっていくことが望ましいとします。

 「失敗しても笑われても大丈夫」を積み重ねていく(P46)

 失敗したら嫌だ、笑われたくないという考えで制限されている行動を
 解き放つために、とりあえず失敗したり笑われ慣れろということ。
 そうすることで逆に自分に自信がつくと。

 ネガティブな感情、言葉はきちんと出す(P54)

 内に溜め込んでいくのは要は我慢なわけですが、我慢していくと
 やはり自分の本当の感情を失っていくとのこと。さらに、なぜか
 周囲の人たちもネガティブになっていくということを著者は発見
 したそうです。

 但し、吐き出すといっても誰かにぶつけるのではなく、
 ただ出すことをこころがけるようにとのこと。

 自分の行動が「べき」で動いていると、他人にも何かと求めてしまう。
 そうならないために、そもそも自分が「したいから動く」を心がける
(P94)

 「やっぱり○○だ」という表現を使わない。自分を否定的に方向付けない。
 「ま、いいか」と言ってみる。
 「できたこと」をコツコツと数え心を満たしていく
(P164、173)

 「俺ってやっぱりダメだな」っていう言葉を使わない。笑われても失敗しても
 ま、いいかを心がける。そしてできたことを一つ一つちゃんと数えて
 自分を認める。そうやって自尊心を高め、心の擦り減りを無くすんです。
 
【感想】

 心に刺さる表現が多かった。ただ問題は、毎回同じことなのだけど
 したいように生きるができるかどうか。できない人だからこそ
 こういう本を読むわけで。

 まぁそれをくつがえせる本を出せというのも自分勝手な話なので
 言いませんが、もう何か疑う余地もなく自分に自信が持てる、
 考え方が変わる、そういう真に強力な本はないものか。

【実行すること】

 やりたいことを増える生き方を考える。
 もう余り猶予はないのだから、しっかり考える


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

tag : 生き方 メンタルケア 自己評価 自尊心 自信 心屋仁之助 朝日新書

読書「大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある」

大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある
大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある

【つまり?】

 自信を持つ、または、持っているように振る舞うべし

【ポイント】

 ①自分で自分は成功すると信じていると、
  他人はあなたを信頼し始める

 ②行動は恐怖を治療する。行動する習慣をつける
  
  コンディションが完全になるまで待ってはいけない

 ③自信を持つには、自信のある行動をとる

   ・一番前に座る
   ・相手の目をしっかり見つめる
   ・25%早く歩く
   ・進んで話す
   ・大きく微笑む
   ・自ら進んで自己紹介し、交流する


 ④自分にも相手にも前向きでポジティブな心象をもたらす

   ・ポジティブな言い回し、言葉遣いを心がける
   ・自分を奮い起こすメモを作りいつも携帯する
   ・自分は価値ある人間だと考える
   ・人を熱くさせるには、自分が熱くなければならない
   ・相手が重要な存在であることを示してあげることで、
    相手にとって自分が重要な存在になる

 ⑤もっとうまくやる、もっと多くやる工夫をする

   高い基準を持ち常に改善意識を持つことは、
   リーダーとしても必要な資質であり、創造的であるために
   必要なこと。

当「ポイント」の記述は、例えば、違う章に書いてあったものを、
独自の判断でひっくるめて一つにまとめて書いてあったりします。
実際の本書の内容とは異なる場合もあるので、キーワード的に
気になるものがあれば本書を読んでみてください。

【感想】

気になるタイトル。しかしありがちなのは、タイトルが全てで
中身は別に読まなくていいんじゃないか?というケース。
この本は中身もたっぷりよく深堀されているなという印象。

今となっては後続の啓発本に書かれていることも多いでしょう。
なので目新しさはないかもしれませんが、一家に一冊あっても
良い本という感想を持ちました。

【実行すること】

 1週間に1回以上、知らない人に対して、
 自ら進んで誰かに自己紹介してみる

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

tag : 生き方 キャリア ダビッド・J・シュワルツ 実務教出版

そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ

1度きりの人生だから絶対に後悔したくない!だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ
1度きりの人生だから絶対に後悔したくない!だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ

【つまり?】

 「やり残したこと」があると感じると人生は後悔しがちだ。
 若いうちから行動していこう。行動することで人生が豊かになる。
 自らが主人公となる気概と覚悟を持って、自ら行動していこう。

【ポイント】

医師。ミャンマーで医療に従事。親をエイズでなくした子供たちの
面倒を見る施設を設立運営。そんなことを自らの意思で続けている人。

そんな人が今若い人たちに言葉を綴った。

出版社では特設ページもあり中身を立読み可
http://www.subarusya.jp/kimiichi50/

youtubeでもインタビューなどが挙げられています。


どんなことが書いてあったか:

①豊かな人生を送ることができているか?
 人から必要とされる人生を送れているか?
 他人に決められた人生か、自分で大事なことは何かを決めて
 選んだ人生か?

 ・傍観者からプレーヤーになることを選べば、人生は豊かになる。

②人生においてやり残しをいかに減らすか?
 それが人生における後悔を最小限に食い止める手段。

 ・人生は短い。時間は貴重なもの。今できることを今やる。

 ・但しあれもこれもやろうとするのは不可能。フォーカスすること。
  本質でないものは削り落とす。

 ・成功する人はどんどん出かけ、勝負し、多くのトライをする。
  量が違う。そこが違い。


 ・行動量が少ない人は、行動する前のスピードが非常に遅い。
  スピードは慣れ。すぐにアクセルを踏め。理性はブレーキに
  なりがち。感性を大事に。

  
③やりたいことが見つからない?答えは自分の中にあるはず。
 どんな小さな内なる声でも否定しないで形にしてみろ。
 形にならないと具体的に考えられないもの。そして、形になった
 段階で違うなと思ったら捨てて次に行けばいい。


 ・一日一分でもいい。少しずつ感性の声を育てていくべき。


以上、個人的なツボに効いた言葉を、本書の順序を変えつつ、
自分なりにまとめてみました。

また、50個の著名人の発言の引用があり、著者の言葉を
体現した言葉が引用されます。個人的にメモりたかったのは以下:

 結局は細かいことを積み重ねることでしか頂上には行けない。
 by イチロー

 10分あればできることがある。いまの自分にしかできないことがある。
 by 西條剛史(ふんばろう東日本支援プロジェクト)

 世の中の人は何とも云えばいへ
 わがなすことはわれのみぞ知る by 坂本龍馬



【感想】

何かやらなくては。しかしどうしたらよいのか?そんな憂いを
持っている人。自分の背中を押してもらいたい人にはお勧め。

読むと確かに「行動しなきゃ」「一歩踏み出さなくては」と思わされる。

それは自分がある程度年をとってきたからというのもあるかもしれない。

若い頃って油断しちゃうんですよね。時間はまだまだある。
漠然とした未来に対して根拠のない期待感がある。

本書のようなことを言われてもなかなか身に染みない難しさは
あるでしょうね。

そんなこともあり30代以降の人の心にも届きやすいメッセージかと
思われます。

「君がたとえ何歳だとしても、そのときどきでやるべきことをやることが、
 人生を充実させることにつながるのだ」



【実行すること】

 行動量を増やす

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

tag : 生き方 NPO ボランティア 吉岡秀人 すばる舎リンケージ

コモディティ人材にはなるな!「僕は君たちに武器を配りたい」

僕は君たちに武器を配りたい
僕は君たちに武器を配りたい

【つまり?】

コモディティ人材になるな!

【ポイント】

キーワードは「自分をコモディティ化させない」。そのために
どうやって生きていくべきかを説く本。

1.コモディティ化しにくいポジションとは?

 以下の6つの立場がある。自分はどこを目指すか?

 ①トレーダー
  →営業職が含まれるとのこと。
   ネットの普及やメーカー自らの取引能力の高まりで不要に

 ②エキスパート
  →世の中の変化のスピードが速すぎて専門性を高めても取り残されやすい。

   但し、スペシャリティまで行くと別とのこと。
   でも、それでも時代性があるかないかはやはり影響するのではと思います。
   
 ③マーケター
  →新たなニーズを見つける、顧客の需要を満たす、その需要自体を再定義する、
   物に付加価値を付与する、など将来に渡り需要あるポジション。

 ④イノベーター
  →新たな価値を作り出す。需要あり。 

 ⑤リーダー
  →これも需要あり。ちなみにリーダーはクレイジーな人の傾向あり。
   自分は凄いと勘違いしており、自分に自信があって、人をひっぱる立場。
   
 ⑥インベスター
  →需要あり。リスクを積極的に取りに行き変化をサポートする人。
   自ら投資家として行動することで、利益を生み出すこと、
   利益を生む構造などへの意識が高まり、自ら考える力も向上、
   世の中の見方も一変する。

   なお、サラリーマンはリスクを取っていないのではなく、
   単にリスクを勤め先の企業に預けているだけ。リスクが自分で
   管理できない分、余計によろしくないとのこと。

   そうか~と新たに認識させられる。


2.キャリアに関して

 ①ニッチな市場に目を付け、人より早く飛び込め。

  盛者必衰で今の人気業界が将来も華やかとは限らない。
  人気ある大企業に入っても歯車どまり。
  そうではなく、今後2,30年先の成長企業をいち早くみつけ
  そこに就職することで(投資家として”自分”を投資する)
  大きな利益を得られる(例:ヤフーの上場)。そういうキャリアが理想。


 ②奴隷学問より、リベラル・アーツ(教養)を学べ

  奴隷学問とはIT、会計、英語などだそうです。これらを身に着けても
  人に使われる立場にしかなれないと。それよりは、リベラル・アーツを
  学び基本的な能力を向上させることが必須と言う。


 ③英語は必須。但し補助スキル

  奴隷学問であってもグローバル時代を考えれば英語は必須。しかし、
  そうであっても、まずは先立つスキルがないといけません。
  英語だけできてもダメ。既に売り物がある人は絶対英語を身に着けるべき。
  売り物がない人は、先にそちらを優先して作れとのこと。

  ですね。TOIECの点数で昇進を決めますなどという会社も増えたが、
  点数が超えていえれば昇進できるかということではない。
  先立つスキルや経験がなければ会社も怖くて昇進なんてさせられない。
  英語は足きりになっただけ。


【感想】

 就活ブームやスキルアップブームに惑わされず、
 自分は今何をすべきか。それを真剣に考えなければ、
 コモディティ化していく罠に巻き込まれるリスクが高まります。

 人と違う道を行くのは怖い。バカだと思われたくない。
 有名企業勤めを自慢したい。そんな誘惑を断ち切ることができるか。

 しかし、ちなみに著者は学生上がりですぐ企業するのは
 むしろ愚かともいいます。まずは大企業なりに勤めて、ビジネスを
 肌で感じる。そういう前提を経て、経営に携わる方がまともだとも
 書いてあるので、なんでも感でも人と違う道をいけばよいという
 わけでもありませんね。

【実行すること】

 自分が今何に力を注ぐべきかを考える


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

tag : キャリア 働き方 生き方 瀧本哲史 講談社

「とりあえず、5年」の生き方

「とりあえず、5年」の生き方
「とりあえず、5年」の生き方


【つまり?】

 先のことはわからない。悔いなく生きよう。
 5カ年計画で生きよう。
 
【ポイント】

10年後20年後とか何がどうなるかわからない。
明日人生が終わってしまうかもしれない。だから、とりあえず
5年スパンで計画を立てて生きて行こう、という本。

 悔いのない人生を。
 亡くなる時もっとも多い後悔パターンが「やり残したことがある」。

  「もし半年後に死ぬとしたら何がしたいか?」
  「明日死ぬとしたらやらないで悔みそうなものは?」

 そこで浮かんできたものは、すぐにやってみよう

 そして、何事にもオープンな気持ちで、好奇心の赴くところへ
 行動していこう。

 余りこだわらず、柔軟さを残した計画でOK。余りに合理性を
 求めると動きづらくなる。


 4-5年以内、2-3年以内、1年以内、2週間以内という期間で
 やりたいことをリストアップして実行していく。


 2週間以内に何かを始められない人は、何も変えられないものだ。

【感想】

「5年後逆算式人生計画」。いいんじゃないですかね。
まだあるまだ先と思っているうちにあっという間に時はすぎます。

5年でどうするかを考えていくのは重要ですね。

【実行すること】

・5年後逆算式計画を立てる
・2週間以内にやってみたいことをやってみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

tag : 生き方 キャリア 諸冨祥彦 実務教育出版

書評ブログリング
1.ビジネス本書評ランキング
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2.ビジネス本以外も

3.ランキング&成分解析 ブログランキングならblogram

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

simpletask

Author:simpletask
強み:
①本業であるマーケター歴
②色々な組織を経験し色々な壁を乗り越えてきた経験
③本を読みブログの記事にするまで1時間の多読派ブロガー
④スピーチ

検索フォーム
カテゴリ
リンク・相互リンク
tag

キャリア 生き方 働き方 プレゼン インプット リーダーシップ アウトプット 単行本 スピーチ 読書術 出世 ダイヤモンド社 話し方 講談社 勉強法 阪急コミュニケーションズ 星海社新書 仕事術 東洋経済新報社 すばる舎 朝日新書 読書 自信 独立 幻冬舎 アイデア 昇進 フレームワーク 起業 権力 中経出版 弁護士 クロスメディア・パブリッシング 上司 自己ブランディング フォレスト出版 マーケティング 教育 戦略 仕事 NLP 日本経済新聞出版社 メンタルトレーニング 日本実業出版社 大和書房 法律 考え方 不安 自己アピール 自己PR 資本主義 学校 人脈 河出書房新社 マッキンゼー 内田和俊 MBA 国語力 モチベーション セルフブランディング ブルーバックス 数字力 海と月社 転職 文章術 イノベーション 諸冨祥彦 宇都出雅巳 サンクチュアリ出版 チームマネジメント 競争 質問力 部下 自尊心 扶桑社 読書日記 ダン・ハース 考える力 問題解決力 松尾昭仁 マネジメント ちくま新書 夏川賀央 読む力 セールス スティーブ・ジョブズ アップル こう書房 日経BP社 判断力 営業 菊原智明 決断 日本経済新聞社 あさ出版 企画 荘司雅彦 経済 マインドマップ 速読 マガジンハウス ディスカヴァー 福田健 整理 チップ・ハース 面接 かんき出版 経営 思考法 就職活動 東大 交渉 判断 コンフィデンス 泉忠司 思考 理Ⅲ 西脇資哲 廣済堂出版 仮説 反対尋問 本音 二階堂忠春 堀公俊 加藤彰 会議 ディスカッション 山本昭生 まとめ 鈴木進介 松宮義仁 すっきり ファシリテーション オバマ 演説 シンプル 田中千尋 傾聴力 中公竹義 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター 克服 手描き 共感 高橋宣行 ノート ディシジョンメイキング 権威 リーダー ジェームズ・ハンター 決断力 藤沢晃治 意思決定 競争戦略 恐怖 菅野誠二 星野浩美 兼子良久 上田隆穂 読書法 コーチング 聴く 医学部 学習院マネジメント・スクール テキストマイニング リサーチ 調査 消費者心理 イン・デプス コンサルタント 田中裕輔 渡瀬謙 吉永賢一 ノート術 吉澤ゆか アスキーメディアワークス 1本線 秋元康 NHK 発想 フォトリーディング つもり 分りやすい 人間関係 気のせい 新書 橋下徹 再読 海老原嗣生 坂田篤史 石井裕之 催眠 統計 回帰分析 標準偏差 心理 横田尚哉 ファンクショナルアプローチ 問題解決 内藤誼人 正規分布 パワー 内山力 カリスマ コールドリーディング 内部利益率 現在価値 検定 在庫管理 コクヨ 下地寛也 本田由紀 平田オリザ 演技 職業選択 キャリア教育 丸山純考 朝日出版社 ウェルチ アイデアのちから コミュニケーション 演劇 外資金融 東大医学部 戯曲 早川書房 伝達 解決志向 日本文芸社 久瑠あさ美 明瞭 ブランド アーカー ビル・レーン BCG スタイル 内田和成 簡潔 情熱 want 言葉 メンタルトレーナー マインド 坂口孝則 詐欺 カルト 石井至 勉強会 英語 伊賀泰代 関谷英里子 國貞文隆 マリリー・G・アダムス 大根田勝美 兵藤ゆき ステファン・オーランダー パイ・インターナショナル 齊藤隆 講談社現代新書 幻冬舎新書 山崎元 加藤聖龍 世野いっせい 池田貴将 冨山和彦 川上徹也 ジム・レーヤー 藤田晋 水野俊哉 角川学芸出版 佐藤玖美 見城徹 アジャス・アーメッド 変化 松野恵介 実務教出版 コンサル 並木裕太 ディスカヴァー・トゥウェンティワン ダビッド・J・シュワルツ すばる舎リンケージ 祥伝社 NPO ボランティア 吉岡秀人 メンタルケア 自己評価 篠田恵里香 司法試験 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 矢野香 深谷圭助 心屋仁之助 学習 辞書 問う力 ライティング 倉島保美 プレジデント社 リンダ・グラットン 資格 横須賀てるひさ キャリア官僚 小倉広 NHK出版 アスコム 行動予測 ベキ法則 アルバート=ラズロ・バラバシ 仕事力 中野雅至 コリン・パウエル プロデューサー トニー・コルツ 井口耕二 飛鳥新社 お笑い 新潮新書 ソフトバンク新書 松島直也 桜井章一 加地倫三 前刀禎明 石黒謙吾 牧田幸裕 小塚かおる 奥山真司 地政学 国際政治 野地秩嘉 選挙 三谷宏幸 組織論 久保光俊 松尾喬 安宅和人 英治出版 下園壮太 アネット・シモンズ 経済学 飯田泰之 田島弓子 物語 山口揚平 宴会 パーティー 合コン 児玉教仁 福島浩史 坂口茂樹 リーディング 理解力 小宮一慶 大和出版 メンタル 把握力 読書力 久保憂希也 キム・キョンテ 野津卓也 関口勝生 室井俊男 明日香出版社 やる気 真田茂人 心理学 五百田達成 堀田秀吾 フォロワーシップ 河合薫 園義博 三笠書房 三冨圭 斉藤英治 小暮太一 金持ち父さん 巻き込み 播摩早苗 社内調整 根回し ユニクロ チームビルディング 承認力 図解 図で考える 永田豊志 中京出版 田中雅子 イースト・プレス 奥山典昭 スキル 井上健一郎 マルクス キヨサキ 抜擢 コスモトゥーワン 高橋洋一 セミナー 文章力 高橋フミアキ 林文子 非常識 洋書 山田玲司 読み方 三浦哲 竹内正浩 メラニー・フェネル 認知行動療法 ボトルネック 洞察力 石川和幸 ディスカバー21 ボディランゲージ 人を動かす 酒井穣 鳥原隆志 カタリバ 実務教育出版 瀧本哲史 インバスケット 人望 レイル・ラウンデス 名刺 後藤光正 Nanaブックス KKベストセラーズ デキる rules No ナナ・コーポレート・コミュニケーション 情報処理 木山泰嗣 ダン・S・ケネディ 成功 個性 クリス・ギレボー 傲慢 自我 ストレス メンタルタフネス サンマーク出版 残業 ワークライフバランス 主婦の友社 スティーブ・シーボルド 投資 打たれ強い 悩み 田中ちひろ 金持ち ロジカル・シンキング 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。