スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策
プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策

【つまり?】

自分に圧倒的に優秀な能力があるのでない限り、他人の力を借りずに
成果は出せません。他人の力を借りるには信頼関係が必要。信頼関係を
築くには会話が必要。部下と会話する仕組みを作りなさい。

【ポイント】

①指示や指導という感覚ではなく、部下やメンバーの話を聴き、
 状況を観察すること(6)



②組織における優秀な人とは「人を動かして成果を出せる人」(34)

プレイングマネジャーに求められる力であり鍛えられる力。
そしてこのスキルは他部署に移動しても会社が変わっても
どこでも発揮できるポータブル・スキルとなる。マネジャーに
なったら積極的にこのスキルを高めるべきというわけです。


③人を動かすには信頼が必要。信頼には会話が必要(37)


④「話しかけられ上手」=引出し上手=コミュ上手(45)


話しかけにくい上司には会話も情報も集まらず、信頼関係も築けません。


⑤プレイングマネジャーがすべきプロジェクト回しの4ステップ(56)

 1 関係者の協力をとりつける(コンセンサスをとる)
 2 自分が先陣をきって突破口となる(クライアント訪問)
 3 行動の結果情報を共有する(クライアントの反応と対策等)
 4 筋道をつける(方針を示す)

著者がマイクロソフトの営業チームを率いていたため「クライアント
訪問」なっていますので、この辺は自分なりに読み替える。

また、他部署の協力が必要ながら直接的には他部署に成果とならないような
仕事をお願いする場合、相手の上司と自分の上司に掛け合い協力することで
相手の部署も評価されるといった約束を取り付けておくといった動きも
期待されると(154)。


⑥自ら挨拶して、朝からチームの空気を温めるのも自分の仕事だと思え(61)

チームの空気を温めるっていい表現です。「場の空気を作れる」ことも
リーダーが必要な能力ですよね。
この本ではこうした自分からの声掛けをもう日課にしよう(パターン化する)
ということを強く推奨しています。

その日のスケジュールを考える際に、タスクばかりを整理するのではなく、
部下との「コミュニケーションのTO DOリストを作る」ということも
提唱されています。


⑦情報を「垂れ流せ」(119)

今月の売上の進捗状況のグラフをデスクに貼っておく。すると、部下がデスクに
やってきたときその表から会話が生まれる。経営会議の資料をチーム内で共有する。
そこから会話が生まれる…こういうきっかけを作ることを意識してみるわけです。


⑧具体的なセリフ例
本書では具体的なセリフも例示されています。その中から2つだけ。

「どうしたの?あなたらしくもない」
 相手のスキルは暗に認めつつ、失敗は正す言い方
「良い話?悪い話?」
 部下が相談を持ちかけてきたときに、最初にこうした言葉をかけると
 悪い話も聞いてくれる準備ができているんだなと部下に感じさせることができる。
 すなわち、話しかけやすい空気を作ることができる。

などなど。どうやって「話しかけやすい」存在となるか、部下とどういった
コミュをとっていくかについて具体的な話は本書を参考してください。


【感想】

2010年の本。それなりに人気もあった本でしょう。
読んでみた人気の理由も納得。参考になりました。


応援お願いします!ブログ村ランキング
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 仕事論
ジャンル : 就職・お仕事

tag : チームマネジメント リーダーシップ 田島弓子 ダイヤモンド社

お金についての考えてみる「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?
なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

【つまり?】

ピカソは物と人が生み出す「信用」がどんな価値を生むのかに対する智恵があった。
それがゴッホとの差。そしてこれからは、貨幣に増して「信用」が重要な時代になる。

【ポイント】

①世の中には2通りの生き方がある。ひとつはリスクを取る生き方
 もう一つは、人に従う生き方だ。私はリスクを取る生き方をしてきた(59)


元スターバックスCOOで投資家の大富豪が著者に話した言葉とのこと。
個人的に「リスクをとる」ということを最近考えています。
リスクを取れないのなら、平々凡々な生活に甘んじるしかないのだなと
素直に実感できるようになりました。

②ビジネスには2つのレバレッジがある。人を動かす。人のお金を動かす(59)

同じ大富豪の言葉。個人としての能力が高くても人を動かせる人には適いません。

さらに「最終的な勝者は人と動かす者だ。すべてのビジネススキルの中で、
組織力学・行動心理学こそ学ぶ価値がある」と言い、彼自身は投資銀行での
経験もあり事業立ち上げの際の大がかりなファイナンス法にも熟知していた
とのこと。

これらのスキルを少しでも身につけるべき。
ビジネスではなくても、お金を集める経験ていうものを多く積むべきです。

③B/S(バランスシート・貸借対照表)を重視せよ(61)

これまた同じ人の言葉。BSは状態(BE)であり、損益計算書=成果を
生み出す元となるもの。成果だけを見ていては物事のポテンシャルを
見失う。だから状態(BE)を重視せよということ。

まぁ単純に考えてB/Sは会社の歴史の積み重ねであり、積年の実績な
わけですから、PLよりは情報が詰まっているわけです。
でも、改めてB/Sに注目させられました。

④本来企業が持つ理論的な価値と実際の株価などの企業の価格の差を
 生じさせるもの。それはその会社が持つ「信用」(クレジット)の差である(84)


「信用」は本書のキーワードです。著者の主張は「個人の信用を高めろ」です。

⑤最強の投資先はコミュニティ(178)

信頼や価値観により結びついたコミュニティが今後の有望な投資先。
貨幣を介さない新たな経済圏を作り出すことがこれからの重要課題と言います。


【感想】

著者の視点は面白いと感じましたが、物々交換的経済が可能といった
主張はピンと来ません。今の技術水準前提に交換も簡単になったと思えるだけで
物々交換的な世界になってしまうとその前提である水準を維持するのが
非常に困難になります。

というわけで「つまり」の①②③のようにメインテーマとはちょっと
違ったところが個人的にツボにはまってしまった次第ですが、とはいっても、
お金、信用、経済。こうしたことへ新たに考える姿勢を持てせてくれる
よい本でした。あと、タイトルから想像するであろうよりも真剣な本です。


応援お願いします!ブログ村ランキング

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 資本主義 経済 山口揚平 ダイヤモンド社

結果を出すリーダーはみな非情である

結果を出すリーダーはみな非情である
結果を出すリーダーはみな非情である

【つまり?】

 合理的に判断し、情理に流されるな。
 自ら仕事を前進させることに積極的であり、リスクを恐れたり、
 保身を考えて躊躇なんかするな。

【ポイント】

 ①早い段階からリーダーになったことを想定して準備すべし
  =大局観をもって仕事にとりくめ

 ②ストレスに自らをさらせ
  
  情理と合理のせめぎあいの最中に意識して身をおいていく
  (イメトレでもよい)

  ・リーダーはリアリズムと合理主義に徹すべし
   「私が見てきたダメなマネジャーはみな情に弱い」(P102)

 ③儲けの構造、仕組みはしっかり理解すべし

 ④リーダーとして責任を持って自ら仕事を動かすべし

 ⑤物事に積極的にコミットし、失敗しても負けっぷりよくあれ
 
  とにかくまめに上司に指示を仰いで、組織の意をくむタイプは
  40代以降で伸び悩むとのこと。
  多少勝手でも自ら判断して動き、責任を持つタイプ、リスクを
  取りにいくタイプのほうが大成するというのが著者の見解。


  負けっぷりがよいというのは、失敗が決まっても、逃げない、
  最後まで被害を最小限に止めようと力を注ぐことの意味。

【感想】

自らのストレスにさらす。積極的にコミットしていく。
逆に上司の指示を仰ぐようじゃダメ。

この辺が印象的でした。さっそく心がけたいと思います。

【実行すること】

「独断」をやってみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア 冨山和彦 ダイヤモンド社

マッキンゼーの「採用基準」

採用基準
採用基準

【つまり?】

 採用する時に重視するのは思考意欲。
 マッキンゼーを超えて今必要とされる能力はリーダーシップ
 成果を出すために自発的に動き働きかけられる力が求められている。 

【ポイント】

マッキンゼーにて10年間の採用マネジャーを含む20年の経験を持つ
著者が語るマッキンゼーが欲しい人材と、マッキンゼーを超えて
今求められる人材についての本。

①思考意欲が高い人材

 新卒採用時にどこを重視するか。それは、考えることが好きな人かどうか。
 何かについてどこまで深く広く考えようとするか。
 そういう姿勢を重視するということです。

②分析力ではなく、構築力

 コンサルタントというと分析力が重視されそうですが、そうではないと。

 実現した時のインパクトがきわめて大きい仮説を立てる力。
 ゼロから新しい提案の全体像を描く力。
 掘り下げるのではなく、積み上げる姿勢。
 それが求められているという。

③課題解決リーダーシップ

 これは採用時に求められるものでもありますが、しかし、
 マッキンゼーに入ってから徹底的に鍛えられるものだそうです。

 そして今の日本に求められている人材でもあると。
 ただし、求められているのは突出した少数のリーダーということではなく、
 リーダーシップを取れる人材の絶対量を増やすことだと著者は言います。

 では、リーダーシップの要素とは?

  ①目標を示す。わかりやすく表す
  ②リスクを恐れず先頭を走る
  ③決断する
  ④伝える


 どうやって身に着けるか?

  ①バリューを出すことに常にこだわる。
 
   リーダー=成果を出す、達成する人なわけです。
   日頃から「自分が付与できる価値は何か」を考えていくことが
   結果として、成果を出すことに繋がる。

  ②ポジションを取る。

   早めにスタンスを決め、取りあえず動いてみて、動いた結果から
   必要に応じてスタンスを変える。

   情報が揃ってないからまだ決断できませんといった態度でいては
   リーダーシップは身につかないとします。

  ③自分の仕事のリーダーは自分という意識

   組織の上下関係から自分のリーダーは上司という発想ではなく、
   自分の成果を高めるために上司であっても利用する存在ということ。
   利用するというか、上司の力もうまく活用するというニュアンスですが。

  ④ホワイトボードの前に立つ

   関係者の議論をまとめ、物事を達成する経験を積むこと。
  
こんな感じで、リーダーシップを身に着けることの大切さへと
話は収束していきます。詳しくは本書を読んでみてください。

【感想】

リーダーに関する本はたくさんありますが、改めて、
リーダーになりたいなという気持ちにさせてくれる本でした。

本書に「大企業で劣化する人」というコラムがありまして(P82)
考えさせられました。大企業などに勤めていて、大分
マンネリ化してきちゃったななんて人にもお勧めの本です。

【実行すること】

リーダーシップを取る。そのために、意見を言うことを恐れない、
リスクを恐れない、成果にこだわりまくる。

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : リーダーシップ キャリア マッキンゼー 伊賀泰代 ダイヤモンド社

「王様の速読術」とは?

王様の速読術
王様の速読術


【つまり?】

 全体の20%だけ読んで重要な内容の80%をカバーする

【ポイント】

 気になったのは
 「早く読みつつしっかり知識化する読み方」
 「専門書の読み方」です。

 1.30分と決めて読む

  ①プレビュー(5分)
 
   まえがき、あとがき、目次、表紙。
   中身の見出し、イラスト、図表などを拾い読みして
   その本を読む目的を決める。


  ②全ページ写真読み(5分)
  
   見開き2P分を2秒みてめくっていく。浮かんでくる
   キーワードを押えていく。


  ③スキミング読み(30分)
   
   ①の目的に適いそうな箇所を拾い読み。基本写真読みで
   答がありそうなところに来たら速度を落として読む。

  ④最後に簡単な読書メモを書く

  このサイクルを「目的」ごとに回していく。

 2.専門書の読み方

  元になっているのはハワード・スティーブン・バーグという
  速読ギネス記録者の手法とのこと。1冊60分かけます。

  ①プレビュー(5分)

  ②スキミング(15分)
   ここで必要そうな所に検討を付けていく。まず1/2に。
   さらに、1/4まで絞り込む。
   「20%で重要箇所の80%をカバーする」がコンセプトです。

  ③記憶学習法(40分)
   この段階では内容の理解、自分の言葉での置き換え、
   他の知識と関連づけるといった熟読読みをしていきます。

  そして英文記事の読み方として紹介されていたのが
  トピックセンテンス読み。 
  
  見出し、リード(見出し語の最初の段落の1センテンス目)、
  その後各パラグラスの1センテンス目だけを読んでいくというもの。


【感想】

 2006年刊とのことで自分が読んだ読書術本の中では古参。
 この時から既に今ある読書術の根幹はできあがっていたのだなと
 1の方法を見て感じました。

 「見出し、イラスト、図表を広い読みしていく」は早速実践中。
 
【実行すること】

 ・「写真読み」の挑戦。本当に見開き2ページ2秒にトライする
 ・「スキミング読み」の実践。いらない所を思い切って捨てる決断をする


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書 読書術 考える力 問題解決力 読書日記 斉藤英治 ダイヤモンド社

デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?

デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?
デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?


【つまり?】

 明るくて皆をひっぱるように見える奴がデキる奴とは限らない。
 深い思考力や、質にこだわる性格から鈍重、無愛想に見える奴もいる。
 物事の概念化能力、論理的思考力、目標管理力がデキる人材の重要ファクター。


【ポイント】

 多くの企業の組織再生、人材開発に関わってきた著者らが辿りついた
 デキる人材の共通項を説明する本。

 例えば、
  ・最後まであきらめない。粘り抜く
  ・難しい仕事でも率先して行動
  ・仕事の質、成果にこだわる
  ・すばらしい「ひらめき」を持っている
  ・常に収益確保へのストーリーを持っている
  ・組織のために動ける
  ・部下らのモチベーションを高めることができる
 など。

 また、気になるキーワードとしては、思考する力=「概念化能力」です。
 例えばこういう力:
  ・今何をしなければならないかを把握している
  ・何としてもやり遂げる。そのために必要なリソース確保の手段を知っている
  ・やるべきことを具体的に導きだせる

 そして、一見デキそうな人だけど実はデキない人を見分ける例では、
  ・質問への反応時間がいつも同じだとこんな良くない傾向も考えられる
    =うけの良さを考えて何でも即答するタイプ
    =咀嚼が不得手ですぐに反応できないタイプ 」

   これに対し知識を求められたら即答、思考を求められたら熟考と
   区別がついているタイプが有望。

  こうした「デキそうでデキない」をどうやって見分けるかという話もありました。

【感想】

 個人的には「デキる」人って、能力はあって当然。かつ上とか
 周囲の受けも良い、完璧な人をイメージします。実際そういう人結構いますしね。

 この本はそういう完璧な人がいない場合、じゃうわべだけで
 人材を選ばないように見極めをすることという本です。
 
 ということで、部下的立場の人がこの本を読んで「誤解されてもOK」と
 考えちゃうと危険です。目指すべきは能力もあって誤解もされない完璧な人材です!

【実行すること】

 質へのこだわりを表現する
 

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 出世 抜擢 昇進 スキル 奥山典昭 井上健一郎 ダイヤモンド社

ユニクロ流社内調整力のまとめ

日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術
日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術

【ポイント】
 社内で関係者を巻き込む際のポイントを自分なりにまとめました。
 ①自分のプロジェクトの叩き台についての意見・アドバイスをもらう
  
  意見をすることでなんとなく責任が生じます。そのため参加する
  雰囲気に相手自らなっていきます。


 ②期限とコミットメントを得る。担当者を任命してもらう

  ①でアドバイスをもらいそのように修正した後、改めて意見を
  請う時に、ある程度明確なコミットメントを得るイメージ。

 ③念押し、リマインドを欠かさない

  ②の後すぐメールで議事録を送ったり、後日直接顔を出して
  状況を聴いたり、期限間近にはリマインドを送り念押しをしていく。

 ④社内の人間のデーターベースを作る

  交渉相手、および、自チームのメンバーなど社内の人間の仕事の
  スタイルや趣味、強み、弱み、社内人脈などの情報を集め頭に入れておきます。
  それらを根回し時の戦略立てに活用します。

   ・打ち合わせの場に誰を連れていけば話が通りやすくなるか
   ・誰に話をしておけば、その相手に通じるか
   ・打ち合わせ冒頭に趣味話を振り、親密度を上げてから話を始める

  こうしたデータベースを作るには色々な場で社内に関わっていかねばなりません。
  また、相手も自分に対してデータベースを作っていきますから、どういう
  データで登録されているのか、注意を払うことも必要です。
  
【学んだこと】

 ■マネジャーとしてのコミュニケーションのポイント
   著者自信のマネジャー経験から得た反省も含め得た知見とのこと。

   ①フットワーク軽く。自分から足を運ぶ
     ・口より先に体を動かす→口ばかりじゃない
     ・用があれば、自分が部下のところへ足を運ぶ

   ②経営陣の言葉を自分なりの言葉で言い換えメンバーに
    伝え、動かす。

    これは、経営の言葉をそのまま伝えつつ(事実として)、
    自分のチームにとってどう落とし込むかを自分の言葉で
    解釈を伝えるという感じでよいと思います。

   ③ネガティブでなくポジティブに言うことを心がける
    「テンションを下げることを言わない」という言葉が印象的。

   ④一方的な物言いはしない。相手を尊重する
  
   ⑤上下意識は捨てる。中心となることを意識する
     上下意識を持つとどうしても発言が上から目線になり、
     一方的な物言いになってしまう。中心ということですが
     「支える」という考えで良いかもしれません。

 ■巻き込みに役立つフレーズ19
   19個のうち3つを記したいと思います。

   ①「私たちは」という言葉を意識づける

   ②テンションを高める3C言葉 = chance, change, can

   ③「あなたの○○と××と△△が必要不可欠なんです」
     3つあげるのがポイント。


【感想】

 思ったより言及箇所が多くなりました。今の自分にとっては
 記録しておきたいテクニックが多くあった感じです。

【実行すること】

 □助言を求めて巻き込み
 □社内人間のデータベース(=交流を増やす)
 □上下意識を捨てる
 □巻き込みフレーズを実践する

応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 仕事術 巻き込み 社内調整 根回し ユニクロ 田中雅子 ダイヤモンド社

書評ブログリング
1.ビジネス本書評ランキング
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2.ビジネス本以外も

3.ランキング&成分解析 ブログランキングならblogram

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

Author:simpletask
強み:
①本業であるマーケター歴
②色々な組織を経験し色々な壁を乗り越えてきた経験
③本を読みブログの記事にするまで1時間の多読派ブロガー
④スピーチ

検索フォーム
カテゴリ
リンク・相互リンク
tag

キャリア 生き方 働き方 プレゼン インプット リーダーシップ アウトプット 単行本 スピーチ 読書術 出世 ダイヤモンド社 話し方 講談社 勉強法 阪急コミュニケーションズ 星海社新書 仕事術 東洋経済新報社 すばる舎 朝日新書 読書 自信 独立 幻冬舎 アイデア 昇進 フレームワーク 起業 権力 中経出版 弁護士 クロスメディア・パブリッシング 上司 自己ブランディング フォレスト出版 マーケティング 教育 戦略 仕事 NLP 日本経済新聞出版社 メンタルトレーニング 日本実業出版社 大和書房 法律 考え方 不安 自己アピール 自己PR 資本主義 学校 人脈 河出書房新社 マッキンゼー 内田和俊 MBA 国語力 モチベーション セルフブランディング ブルーバックス 数字力 海と月社 転職 文章術 イノベーション 諸冨祥彦 宇都出雅巳 サンクチュアリ出版 チームマネジメント 競争 質問力 部下 自尊心 扶桑社 読書日記 ダン・ハース 考える力 問題解決力 松尾昭仁 マネジメント ちくま新書 夏川賀央 読む力 セールス スティーブ・ジョブズ アップル こう書房 日経BP社 判断力 営業 菊原智明 決断 日本経済新聞社 あさ出版 企画 荘司雅彦 経済 マインドマップ 速読 マガジンハウス ディスカヴァー 福田健 整理 チップ・ハース 面接 かんき出版 経営 思考法 就職活動 東大 交渉 判断 コンフィデンス 泉忠司 思考 理Ⅲ 西脇資哲 廣済堂出版 仮説 反対尋問 本音 二階堂忠春 堀公俊 加藤彰 会議 ディスカッション 山本昭生 まとめ 鈴木進介 松宮義仁 すっきり ファシリテーション オバマ 演説 シンプル 田中千尋 傾聴力 中公竹義 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター 克服 手描き 共感 高橋宣行 ノート ディシジョンメイキング 権威 リーダー ジェームズ・ハンター 決断力 藤沢晃治 意思決定 競争戦略 恐怖 菅野誠二 星野浩美 兼子良久 上田隆穂 読書法 コーチング 聴く 医学部 学習院マネジメント・スクール テキストマイニング リサーチ 調査 消費者心理 イン・デプス コンサルタント 田中裕輔 渡瀬謙 吉永賢一 ノート術 吉澤ゆか アスキーメディアワークス 1本線 秋元康 NHK 発想 フォトリーディング つもり 分りやすい 人間関係 気のせい 新書 橋下徹 再読 海老原嗣生 坂田篤史 石井裕之 催眠 統計 回帰分析 標準偏差 心理 横田尚哉 ファンクショナルアプローチ 問題解決 内藤誼人 正規分布 パワー 内山力 カリスマ コールドリーディング 内部利益率 現在価値 検定 在庫管理 コクヨ 下地寛也 本田由紀 平田オリザ 演技 職業選択 キャリア教育 丸山純考 朝日出版社 ウェルチ アイデアのちから コミュニケーション 演劇 外資金融 東大医学部 戯曲 早川書房 伝達 解決志向 日本文芸社 久瑠あさ美 明瞭 ブランド アーカー ビル・レーン BCG スタイル 内田和成 簡潔 情熱 want 言葉 メンタルトレーナー マインド 坂口孝則 詐欺 カルト 石井至 勉強会 英語 伊賀泰代 関谷英里子 國貞文隆 マリリー・G・アダムス 大根田勝美 兵藤ゆき ステファン・オーランダー パイ・インターナショナル 齊藤隆 講談社現代新書 幻冬舎新書 山崎元 加藤聖龍 世野いっせい 池田貴将 冨山和彦 川上徹也 ジム・レーヤー 藤田晋 水野俊哉 角川学芸出版 佐藤玖美 見城徹 アジャス・アーメッド 変化 松野恵介 実務教出版 コンサル 並木裕太 ディスカヴァー・トゥウェンティワン ダビッド・J・シュワルツ すばる舎リンケージ 祥伝社 NPO ボランティア 吉岡秀人 メンタルケア 自己評価 篠田恵里香 司法試験 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 矢野香 深谷圭助 心屋仁之助 学習 辞書 問う力 ライティング 倉島保美 プレジデント社 リンダ・グラットン 資格 横須賀てるひさ キャリア官僚 小倉広 NHK出版 アスコム 行動予測 ベキ法則 アルバート=ラズロ・バラバシ 仕事力 中野雅至 コリン・パウエル プロデューサー トニー・コルツ 井口耕二 飛鳥新社 お笑い 新潮新書 ソフトバンク新書 松島直也 桜井章一 加地倫三 前刀禎明 石黒謙吾 牧田幸裕 小塚かおる 奥山真司 地政学 国際政治 野地秩嘉 選挙 三谷宏幸 組織論 久保光俊 松尾喬 安宅和人 英治出版 下園壮太 アネット・シモンズ 経済学 飯田泰之 田島弓子 物語 山口揚平 宴会 パーティー 合コン 児玉教仁 福島浩史 坂口茂樹 リーディング 理解力 小宮一慶 大和出版 メンタル 把握力 読書力 久保憂希也 キム・キョンテ 野津卓也 関口勝生 室井俊男 明日香出版社 やる気 真田茂人 心理学 五百田達成 堀田秀吾 フォロワーシップ 河合薫 園義博 三笠書房 三冨圭 斉藤英治 小暮太一 金持ち父さん 巻き込み 播摩早苗 社内調整 根回し ユニクロ チームビルディング 承認力 図解 図で考える 永田豊志 中京出版 田中雅子 イースト・プレス 奥山典昭 スキル 井上健一郎 マルクス キヨサキ 抜擢 コスモトゥーワン 高橋洋一 セミナー 文章力 高橋フミアキ 林文子 非常識 洋書 山田玲司 読み方 三浦哲 竹内正浩 メラニー・フェネル 認知行動療法 ボトルネック 洞察力 石川和幸 ディスカバー21 ボディランゲージ 人を動かす 酒井穣 鳥原隆志 カタリバ 実務教育出版 瀧本哲史 インバスケット 人望 レイル・ラウンデス 名刺 後藤光正 Nanaブックス KKベストセラーズ デキる rules No ナナ・コーポレート・コミュニケーション 情報処理 木山泰嗣 ダン・S・ケネディ 成功 個性 クリス・ギレボー 傲慢 自我 ストレス メンタルタフネス サンマーク出版 残業 ワークライフバランス 主婦の友社 スティーブ・シーボルド 投資 打たれ強い 悩み 田中ちひろ 金持ち ロジカル・シンキング 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。