スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう、資格だけでは食べていけない

もう、資格だけでは食べていけない
もう、資格だけでは食べていけない

【ポイント】

1点だけ記録。

お金をいただきながら、士業の営業ができてしまう方法のポイント:
 ①資格業の客層にあった1段階目のビジネスをつくる
 ②結果的に、資格業の仕事も受ける
 ③同時に、紹介で業務受注と顧問契約を増やす


応援お願いします!ブログ村ランキング
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 資格 キャリア 働き方 横須賀てるひさ すばる舎

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

【ポイント】

世の中はこんな風に変化していくから、今の調子で働いていたら仕事を失いますよ。
新しい働き方を考えましょうという本。

意識を変えるにあたっては、まずはこれ:
自分の人生にこの先最も影響をもたらすものは何か?
それに対して自分は何をすべきか?
を考えて行動していく。


そして、主体的な未来を創りだすことを
意識して、3つの「シフト」を経ようと提言してきます。

第一のシフト=時代に求められているいくつかの専門性の習得

高い専門性で他者と差異化する。その専門性は時代のニーズに合ったものでなければ
ならない。ただし、時代が来ると予測が外れた場合に保証となるような別の専門性も
同時に高めておく。かつ、陳腐化しないよう耐えず高めることが重要。
そして、行動力を高め色々なことに関わって、新たな自分への脱皮を図る機会を
得るようにと言います。

第二のシフト=頼りになる同志、人脈を築く

他人の力を借りられる仕組みを作れってこと。

第三のシフトは割愛。

【感想】

「食える仕事」的な話はいろいろなところで見ますが、この本が
元ネタでしょうか。そういう意味では貴重な提言本。逆に、
影響あったがゆえに今更感が今はあるかもしれません。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 仕事論
ジャンル : 就職・お仕事

tag : キャリア リンダ・グラットン プレジデント社

ソニー、アップルを経て「僕は、だれの真似もしない」

僕は、だれの真似もしない
僕は、だれの真似もしない

【つまり?】

誰かのマネ、保身、がちがちの論理は捨てよ。
自分の好奇心に従い行動し、自己を改革し続けよ。そして自分の人生を生きろ。

【ポイント】

①問題をこなす側か、発見する側か(73)

MBA出身者がこなす側に陥りがちだという文脈での話。
一方、リーダー人材は後者。どっちを目指したいか?という話。

②「顧客の多様なニーズに応える」というのは甘えである。

色んなニーズに応えるって聞こえはいいけど、結局無難な代物しか完成しない。
リスクをとらないつまらないものしかできない。甘えであり保険なわけです。

一方ジョブズは、
ユーザーの本当に望んでいるものを見極めたら、それ以外のものはバッサリ
落としてしまう(43)凄さがあった。


③お客様重視だけでは、時代はリードできない

共感する。

④機能ではなく、製品そのものが人々にどんな価値を与えるのか。
どんな製品がみんなの心を満たすのか。そればかりを考えていたからこそ、
スティーブは天才であり、偉大なのです。彼は他社との差別化などに
興味はなかった。現在と未来の差別化こそが彼の仕事。


ジョブズの優れた視点も凄いんですが、自分を信じてリスクをとってきた
ということでもあると思います。そうやって沈んでいく人もいるので、
どういう行動が正解かというのは難しい。後は読者としてどういう生き方を
選ぶかです。


⑤「否定的な面だけに気を奪われていたら技術革新も何も生まれてくるはずがない。
否定面をかなぐり捨て、わずかばかりの肯定面にしがみつくような人間でないと、
今の会社では通用しない。」盛田明夫
(126)

ジョブズは「それは不可能だ」といったネガティブな発言にむちゃくちゃ
怒ったと本書にあります。
自分が最近リスク管理に敏感なことに気づいて少し反省。つい危険性はないか
裏へ裏へと考えて、それが発言にも出てしまう。
 
 
⑥まず五感を通じた感動があって、その中の何割かの人が技術的な進歩の
中身に関心を向ける


ソニーの製品に技術用語で書かれたキャッチコピーが掲げられているのを見て、
そんな用語でいうよりもっと消費者の五感に響くものを伝えなきゃという文脈。


⑦未来予測ではなく未来創造に頭を切り替えよ

データを駆使して未来を分析しても、一人のイノベーターの登場で、全く違う
未来が訪れたりするから余り予測にこだわってもしょうがないでしょということ。
それより、自らがイノベーターになるくらいの気合いで行こうぜと。

⑧モメンタム(勢い)をつくり、ディマンド(需要)に発展させる(98)

その他:
・正解かどうかではなく好きか嫌いかできめろ(238)

・「皆が持っているから」と子供にせがまれるのは憂うべきこと。
子供が平凡化しているということなのだから。
むしろ「誰も持ってないから買って」と言われたら、
僕だったら買ってあげてしまうだろう



【感想】

理系、ソニー、外資コンサル、ライブドア、アップルとキャリアを
築いてきた著者が辿りついたのは、自分の好奇心を大切に、
自分なりの人生、キャリアを築くことを大切にしろ。
そういう著者のメッセージを感じます。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア アップル スティーブ・ジョブズ 前刀禎明 アスコム

世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう

世界を変えたいなら一度
世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう

【つまり?】

目的と手段の一致を真面目に考えましょう

【ポイント】

①戦略とは「戦い後も含めたトータルの勝ち方」
 戦術とは「局地戦の勝ち方」

②欧米には「管理する」「コントロールする」といった知識の蓄積がある。

 ・自分の有利になるよう仕組みやルールを作る(26)
 ・自国の利益を守るために「世界」という一番高いレベルでルールを作ろうとする(30)

 こうした発想が「戦略」を形作るとします。
 さらに「戦略」よりもっと上の階層があって、それは最終的には
 「ビジョン・世界観」というものになるとします。
 上位になるほど「抽象的な」思考になっていきます。

 個人でいえば「自分はどうなって何をしたいのか」がビジョン。

③スキルはあくまで武器にすぎず、重要なのはスキル以前にどう
 人生を送るかという戦略の部分を真剣に考えなければならない(51等)

 技術というのは「抽象度」でいうと最も具体的な階層に位置する。
 そして技術というのは常に自分より優秀な人が出てくる。
 なので技術階層に留まらず、さらに上の戦術とか戦略とかに
 長けることを目指して、技術層の人たちをマネジメントする側に
 なっていけばよい。それが「武器を捨ててしまえ」ということです。

 士業なども技術層。資格を取ったとしてもそれは技術層での戦いに
 自らを巻き込むことでしかないとなります。

 
 じゃあ資格は取るなってことかということではなく、取るとしても
 まずはその目的と、取った後どう勝っていくかの戦略も併せて
 明確にすべしということです。
 
【感想】

地政学を専門とする著者による個人および日本への戦略提唱。
武器を捨てよという発想は、何となくスキルをとれば
道が開けるのではと考え、ビジョンなく資格取得に時間を
費やしてしまう人たちへの警鐘に。確かにその通りですと
自省も感じつつ読みました。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 奥山真司 地政学 国際政治 キャリア フォレスト出版

ビジネスにおける「得点力を鍛える」

得点力を鍛える
得点力を鍛える


【つまり?】

まずは大事なところを見極めることに頭を使おう

【ポイント】

①やらないことを決めれば、努力を最適化できる(30)

 「結果」を出すために「必要なこと」を明らかにし、「必要ではないこを」
 「どうでもよいこと」を明らかにし、それはやらないことだ(183)


 そのために重要なのは、状況・課題分析(MECE思考で)を行い、
 結果を出すための最重要項目=イシュー思考、論点思考だと言います。
 
 会社の会議だとイシューから話さないので何が重要なのかわからず、かつ
 重要な意思決定が何も起きない例が多いという。

 例えば、「原因の1つにこれがあげられます」と数あるうちの一つの理由的な
 説明がされたり、「もう一つこのような理由もあると思われます」と別の
 理由が追加投入されたりする。「あ~確かにそれもあるよね」なんて
 言い合って問題を論じた気になって何も決まらず終了とか。
 確かにありえますね。


②ライバルができることは、自分もできるようにする。
 ライバルができないことでも、自分は少しだけできるようにする(81)


 ライバルの60%ができる問題を落とさない。
 一方、正答率30%や25%の問題などは2度と見なくて構わない(81)

 受験勉強などにおける難しい問題に余り時間を注がないということ。


③必要なことは「相手が求めていること」で、「規格外にずば抜けること」だ(83)

 就職活動において戦略コンサルファームに採用された人の
 話を交え、相手が求めていることにおいてずば抜けることの大切さを
 教えてくれます。

 「相手が求めていることでで、相手が持っていなくて困っていることに 
  ピンポイントで応えられた学生は、あらゆる外資コンサル会社から内定を
  取得していた」(88)

 そしてそのためには真剣な相手企業の分析(+環境)が必要です。

 ②と矛盾する感じもありますが、皆の実力が均衡してくれば
 最後は自分なりの突出した強みがある人がより有利だということですね。


④大量の資料の読み方と自分なりの考えの立て方について(102)


 ある日製薬業界について学べと上司から大量の資料を渡された著者の
 読み方が参考になりました。まず、大量の資料を4つに分類できることを 
 発見。

 ・概要が書かれている資料
 ・最近のトピックスが書かれている資料
 ・コンサルやアナリストらが評している資料
 ・過去のコンサルティング事例

 最初は概要資料の目次だけを読み重ねて主なトピックスを把握…

 いかに重要な箇所を広い、そして自分なりの見解を作っていくかが
 描かれていました。


⑤東大や京大に合格した友達の多くは、問題集を解くのではなく
 何度も繰り返し読書していた。(39等)


 難しい問題でもどういう方針で解答を作成していけばよいのかがわかるのだ。
 1回読んでわからなくても気にしない。全体を読み終わった後、わからなかった
 問題の正解例を再度読書する。(39等)


 この辺も参考になりました。

 なお、P74からは東大受験や難関中学受験、小学校受験について著者が
 お勧めの参考書、合格体験記などの書籍情報あり。

【感想】

著者自身は京大出身ながら、高校時代は今になって思えば非効率的な
勉強の仕方をしていた。そのことを京大に入って他の要領の良い学生から
学び知ったとのこと。学生時代のこと、コンサル時代のこと、そうした
エピソードも一つずつ楽しく読めました。

そして、世のビジネスマンが一生懸命身に着けようとしてきた
スキルは子供たちにとって、受験勉強という面でも役立つスキルだ。
そうした「得点力」は子供に伝え得る「相続財産」なんだという
くだりも素敵でした。



応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 勉強法 キャリア 牧田幸裕 東洋経済新報社

結果を出すリーダーはみな非情である

結果を出すリーダーはみな非情である
結果を出すリーダーはみな非情である

【つまり?】

 合理的に判断し、情理に流されるな。
 自ら仕事を前進させることに積極的であり、リスクを恐れたり、
 保身を考えて躊躇なんかするな。

【ポイント】

 ①早い段階からリーダーになったことを想定して準備すべし
  =大局観をもって仕事にとりくめ

 ②ストレスに自らをさらせ
  
  情理と合理のせめぎあいの最中に意識して身をおいていく
  (イメトレでもよい)

  ・リーダーはリアリズムと合理主義に徹すべし
   「私が見てきたダメなマネジャーはみな情に弱い」(P102)

 ③儲けの構造、仕組みはしっかり理解すべし

 ④リーダーとして責任を持って自ら仕事を動かすべし

 ⑤物事に積極的にコミットし、失敗しても負けっぷりよくあれ
 
  とにかくまめに上司に指示を仰いで、組織の意をくむタイプは
  40代以降で伸び悩むとのこと。
  多少勝手でも自ら判断して動き、責任を持つタイプ、リスクを
  取りにいくタイプのほうが大成するというのが著者の見解。


  負けっぷりがよいというのは、失敗が決まっても、逃げない、
  最後まで被害を最小限に止めようと力を注ぐことの意味。

【感想】

自らのストレスにさらす。積極的にコミットしていく。
逆に上司の指示を仰ぐようじゃダメ。

この辺が印象的でした。さっそく心がけたいと思います。

【実行すること】

「独断」をやってみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア 冨山和彦 ダイヤモンド社

憂鬱でなければ、仕事じゃない

憂鬱でなければ、仕事じゃない
憂鬱でなければ、仕事じゃない

【つまり?】

 働け。苦しめ。本気でやれ

【ポイント】

幻冬舎社長見城徹氏の文章を受けて、サイバーエージェントの藤田晋氏が
文章を続ける。リレーエッセイのような本。

ここはシンプルに気になった箇所を引用することとします。

P96 切らして渡せなかった名刺は速達で送れ

   見城氏のポリシー。失礼だからと。この他にも、見城氏が編集者として
   ヒットを飛ばせたのも、人に礼を尽くすというか、真剣に付き合うというか
   そういう要素があったからかもしれないと思わせます。

P150 当たり障りのないことや、正論ばかり言う人は退屈です。
   面白い人は胡散臭さを醸し出している人や、一癖ありそうな人。

   (略)さまざまなリスクを背負って(略)

P164 キーマンを押えれば仕事は回る。キーマンに係りを持たずして
   会社を成功させた人はいない。

P169 風当りの強い方へと身をよじし、向かってゆく。
   戦いに勝つには、あいつはとんでもない奴だと言われなければならないのだから。


P187に書いてあったことを自分の言葉で言い直し。

   無謀に挑むことで、成功した時の印象が鮮烈になる

最後の2つはリスクをとっていくということ。単に日々をこなしている
だけでは仕事での成功はおぼつかない。普通にやってても勝てない。
撃沈覚悟で、思いきれというメッセージを読み取りました。
 
【感想】

藤田氏が会社を立ち上げる中で様々な苦境、苦しみがあったと書いて
いたのが印象的でした。やっぱり、起業して成功の陰には
人知れぬ苦労、苦しみ、努力があるんですよね。

そんなところを改めて考えてしまいました。

【実行すること】

当り障りのないことや正論ぽいことを言わないでみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア 見城徹 藤田晋 講談社

「成功」の取扱説明書? 「成功」のトリセツ

「成功」のトリセツ (角川フォレスタ)
「成功」のトリセツ (角川フォレスタ)

【つまり?】

新刊JPのサイトで詳しい解説や目次があったのでそちらも参照を。

【ポイント】

今更なポイントですが、これって大事だよなと思った成功するためのポイント:

 ①目標を立てる

 ②それを紙に書き出し、毎日声に出して読む

 ③小さな行動を開始して習慣化していく


本書でも今更ながらと断りのある言及。それでもやっぱり重要だと。

【感想】

色々書いてあって上記だけかよと著者もがっかりかもしれませんが、
逆に言うと今までさんざこの手のことを言われてなお、今回、
その重要性を悟った著者の力量と思っていただければ。

"「成功本50冊「勝ち抜け」案内"の著者ですし。
何冊も成功本を読んでそのエッセンスをまとめてきた人から見て、
大事だと言うのだからと、本気で重要性を考えさせられた次第。

確かに何度も出てくるコツですよね。でも、一度もやったことがない。
そして今まで自分の人生余り変わり映えしない。
いよいよ本気で試してみるべきか。

【実行すること】

目標を書き出してみる


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 生き方 キャリア 水野俊哉 角川学芸出版

会社は2年で辞めていい

会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)

【つまり?】

10年ごとの夢。2年ごとの目標。このスパンでキャリアを高めていく。

【ポイント】

 ・20代の若いうちは転職を躊躇するな
 ・よりよい仕事を求めて仕事のスキルを身に着けることを優先させろ
 ・それがうまくいけば収入は後からついてくる
 ・転職では、肩書きよりも、権限(使えるリソースの量)をよく確認しろ

【感想】

 著者は総合商社の財務部を皮切りに金融畑で転職を重ね
 本書当時でフリーのコンサルタントのようなことをしていた人。

 本書には書いてなかったが、転職をして新しいことを覚えるというのは
 結構なストレスがかかり、その上で新しい仕事・組織を覚えていくというのは
 自分を高める良い機会だと自分も思う。

 まぁそれでも基本的には同じ会社に勤めていくほうが、普通の人に
 とっては後々報われることが多いとも思う。

 いくら転職を重ねたって、誰もが特別に成功できるわけではないのだから、
 難しいところです。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア 幻冬舎新書 山崎元

やはり、肉好きな男は出世する ニッポンの社長生態学

やはり、肉好きな男は出世する ニッポンの社長生態学 (朝日新書)
やはり、肉好きな男は出世する ニッポンの社長生態学 (朝日新書)

【つまり?】

 一筋縄ではいかない人生を覚悟せよ

【ポイント】

数多くの社長に対しインタビューを行ってきた著者から見た、
社長になる人の共通点について。例えばこんなこと:

 ①エネルギッシュ

  タイトルにもなっているように朝から肉をもりもり食べたり。
  女も好む。エネルギッシュな印象を与える人がやはり多いとのこと。

 ②集中力が高い

  集中力が高く、物事への打ち込みようが凄い
  →エキセントリック→他人にムチ打ち働かせる力

  というような連鎖があるようです。

 ③一筋縄ではいかない人生を送っている

  色々なものを意味します。小さい頃の極貧生活だったり、
  権力闘争に巻き込まれ創業した会社を追われたり。

  また、そもそも一筋縄ではいかない人生を送る原因は、
  やはりエネルギッシュだからなのでしょう。だから、リスクを取りに行くし、
  人とぶつかるし、人を猛烈に働かせるし・・・で穏やかに過ごせない。

  一方、一般人は「そこそこ主義」の人生を選択しているわけです。

また、大企業で出世して社長になっていくケースも論じられます。
その場合のポイントをいくつかあげると、

  ・ハードワーク

   そしてそれを誰かが見ている。そうした姿勢を誰かが認め、噂し、
   それが上層部の耳に入って抜擢される。そういう結果に繋がっていく。

  ・上司の出世にひっぱられる

   結局人対人なので、親しい方が抜擢しやすいのです。
   間違ってもキレでケンカをしたりしてはいけません。

  ・40代前後でもうひと踏ん張りする

   課長になるか、なったかの時期。あるいは、出世の見通しがたって、
   突然やる気を失って、趣味に走ったりする人が多い時期でもある。

   管理職になっているならなおさらですが、もう1担当者ではなく、
   会社の数字やチームの生産性に責任を持たされる頃。その時に、
   なんとなく仕事に身が入ってないなと思われると、出世は無理。

【感想】

あらゆる社長。大企業のサラリーマン社長、同族会社の社長、
中小企業社長、近年の企業家と、いろいろなパターンの社長の特徴を
示してくれます。

大企業の社長の話の中で、カリスマ社長が後任にぱっとしない人を
選ぶ話も印象的。それはカリスマ社長が自分の影響力を保持するため
なんですが、求心力がない新社長の元では社内が揉めやすく、会社として
問題が多発しやすいとのこと。

なるほど。

となると、出世コースに乗ってきた人が順当に社長になるというのは、
誰もが何となく納得する人を据える=揉めないということで、
大企業なりに考えられた人事戦略なのだなと納得しました。


応援お願いします!ブログ村ランキング
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : キャリア 國貞文隆 朝日新書

書評ブログリング
1.ビジネス本書評ランキング
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2.ビジネス本以外も

3.ランキング&成分解析 ブログランキングならblogram

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

Author:simpletask
強み:
①本業であるマーケター歴
②色々な組織を経験し色々な壁を乗り越えてきた経験
③本を読みブログの記事にするまで1時間の多読派ブロガー
④スピーチ

検索フォーム
カテゴリ
リンク・相互リンク
tag

キャリア 生き方 働き方 プレゼン インプット リーダーシップ アウトプット 単行本 スピーチ 読書術 出世 ダイヤモンド社 話し方 講談社 勉強法 阪急コミュニケーションズ 星海社新書 仕事術 東洋経済新報社 すばる舎 朝日新書 読書 自信 独立 幻冬舎 アイデア 昇進 フレームワーク 起業 権力 中経出版 弁護士 クロスメディア・パブリッシング 上司 自己ブランディング フォレスト出版 マーケティング 教育 戦略 仕事 NLP 日本経済新聞出版社 メンタルトレーニング 日本実業出版社 大和書房 法律 考え方 不安 自己アピール 自己PR 資本主義 学校 人脈 河出書房新社 マッキンゼー 内田和俊 MBA 国語力 モチベーション セルフブランディング ブルーバックス 数字力 海と月社 転職 文章術 イノベーション 諸冨祥彦 宇都出雅巳 サンクチュアリ出版 チームマネジメント 競争 質問力 部下 自尊心 扶桑社 読書日記 ダン・ハース 考える力 問題解決力 松尾昭仁 マネジメント ちくま新書 夏川賀央 読む力 セールス スティーブ・ジョブズ アップル こう書房 日経BP社 判断力 営業 菊原智明 決断 日本経済新聞社 あさ出版 企画 荘司雅彦 経済 マインドマップ 速読 マガジンハウス ディスカヴァー 福田健 整理 チップ・ハース 面接 かんき出版 経営 思考法 就職活動 東大 交渉 判断 コンフィデンス 泉忠司 思考 理Ⅲ 西脇資哲 廣済堂出版 仮説 反対尋問 本音 二階堂忠春 堀公俊 加藤彰 会議 ディスカッション 山本昭生 まとめ 鈴木進介 松宮義仁 すっきり ファシリテーション オバマ 演説 シンプル 田中千尋 傾聴力 中公竹義 石原加受子 日本能率協会マネジメントセンター 克服 手描き 共感 高橋宣行 ノート ディシジョンメイキング 権威 リーダー ジェームズ・ハンター 決断力 藤沢晃治 意思決定 競争戦略 恐怖 菅野誠二 星野浩美 兼子良久 上田隆穂 読書法 コーチング 聴く 医学部 学習院マネジメント・スクール テキストマイニング リサーチ 調査 消費者心理 イン・デプス コンサルタント 田中裕輔 渡瀬謙 吉永賢一 ノート術 吉澤ゆか アスキーメディアワークス 1本線 秋元康 NHK 発想 フォトリーディング つもり 分りやすい 人間関係 気のせい 新書 橋下徹 再読 海老原嗣生 坂田篤史 石井裕之 催眠 統計 回帰分析 標準偏差 心理 横田尚哉 ファンクショナルアプローチ 問題解決 内藤誼人 正規分布 パワー 内山力 カリスマ コールドリーディング 内部利益率 現在価値 検定 在庫管理 コクヨ 下地寛也 本田由紀 平田オリザ 演技 職業選択 キャリア教育 丸山純考 朝日出版社 ウェルチ アイデアのちから コミュニケーション 演劇 外資金融 東大医学部 戯曲 早川書房 伝達 解決志向 日本文芸社 久瑠あさ美 明瞭 ブランド アーカー ビル・レーン BCG スタイル 内田和成 簡潔 情熱 want 言葉 メンタルトレーナー マインド 坂口孝則 詐欺 カルト 石井至 勉強会 英語 伊賀泰代 関谷英里子 國貞文隆 マリリー・G・アダムス 大根田勝美 兵藤ゆき ステファン・オーランダー パイ・インターナショナル 齊藤隆 講談社現代新書 幻冬舎新書 山崎元 加藤聖龍 世野いっせい 池田貴将 冨山和彦 川上徹也 ジム・レーヤー 藤田晋 水野俊哉 角川学芸出版 佐藤玖美 見城徹 アジャス・アーメッド 変化 松野恵介 実務教出版 コンサル 並木裕太 ディスカヴァー・トゥウェンティワン ダビッド・J・シュワルツ すばる舎リンケージ 祥伝社 NPO ボランティア 吉岡秀人 メンタルケア 自己評価 篠田恵里香 司法試験 タスク管理 タイムマネジメント ピーター・ブレグマン 矢野香 深谷圭助 心屋仁之助 学習 辞書 問う力 ライティング 倉島保美 プレジデント社 リンダ・グラットン 資格 横須賀てるひさ キャリア官僚 小倉広 NHK出版 アスコム 行動予測 ベキ法則 アルバート=ラズロ・バラバシ 仕事力 中野雅至 コリン・パウエル プロデューサー トニー・コルツ 井口耕二 飛鳥新社 お笑い 新潮新書 ソフトバンク新書 松島直也 桜井章一 加地倫三 前刀禎明 石黒謙吾 牧田幸裕 小塚かおる 奥山真司 地政学 国際政治 野地秩嘉 選挙 三谷宏幸 組織論 久保光俊 松尾喬 安宅和人 英治出版 下園壮太 アネット・シモンズ 経済学 飯田泰之 田島弓子 物語 山口揚平 宴会 パーティー 合コン 児玉教仁 福島浩史 坂口茂樹 リーディング 理解力 小宮一慶 大和出版 メンタル 把握力 読書力 久保憂希也 キム・キョンテ 野津卓也 関口勝生 室井俊男 明日香出版社 やる気 真田茂人 心理学 五百田達成 堀田秀吾 フォロワーシップ 河合薫 園義博 三笠書房 三冨圭 斉藤英治 小暮太一 金持ち父さん 巻き込み 播摩早苗 社内調整 根回し ユニクロ チームビルディング 承認力 図解 図で考える 永田豊志 中京出版 田中雅子 イースト・プレス 奥山典昭 スキル 井上健一郎 マルクス キヨサキ 抜擢 コスモトゥーワン 高橋洋一 セミナー 文章力 高橋フミアキ 林文子 非常識 洋書 山田玲司 読み方 三浦哲 竹内正浩 メラニー・フェネル 認知行動療法 ボトルネック 洞察力 石川和幸 ディスカバー21 ボディランゲージ 人を動かす 酒井穣 鳥原隆志 カタリバ 実務教育出版 瀧本哲史 インバスケット 人望 レイル・ラウンデス 名刺 後藤光正 Nanaブックス KKベストセラーズ デキる rules No ナナ・コーポレート・コミュニケーション 情報処理 木山泰嗣 ダン・S・ケネディ 成功 個性 クリス・ギレボー 傲慢 自我 ストレス メンタルタフネス サンマーク出版 残業 ワークライフバランス 主婦の友社 スティーブ・シーボルド 投資 打たれ強い 悩み 田中ちひろ 金持ち ロジカル・シンキング 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。